teena RED book

Top > teena RED book Girls' Band Edition > たんこぶちん Interview
teena RED book Girls' Band Edition

たんこぶちん

ガールズ・バンド頂点を宣言します!

*このインタビューは、2015年2月に行なわれたものです。

『SCANDAL コピーバンド・ヴォーカリスト コンテスト』の思い出を聞かせてください。
NODOKA:コピバンに初めて出た時にTOMOMI賞をもらったのが一番記憶に残ってて。正直、自分が選ばれると思ってなかったから、とてもビックリして、嬉しかった思い出があります。
MADOKA:2回出させてもらって、どちらもファイナルまで行かせてもらったんですけども、そこで初めてSCANDALさんのライブを観て、同じガールズ・バンドとして、その時は私たちデビューしてなかったんですけども、カッコいいなぁって思いつつ、負けないぞって気持ちにもならせてくれたというか、そういう思い出ですね。
HONOKA:自分たちの曲じゃない、人の曲をコピーして演奏するっていうのが、違う緊張感というか……。私たちの曲を演奏する時の緊張感じゃなくて、自分たちがSCANDALさんみたいな気持ちで演奏するっていう緊張感がすごい思い出として残ってて。コンテストが終わった後に、“私たちの曲をコピーしてくれる人たちがいてくれたらいいなぁ”とか、少し思ったりしました。
CHIHARU:リハーサルの時にSCANDALさんが横を通って行ったんですけど、“いい匂いだなぁ”って思いました(笑)。それが印象に残ってますね。
YURI:私は、ただ純粋にSCANDALさんと同じステージに立てて良かったし、いつかここで、たんこぶちんとしてステージに立ちたいなって、すごい思いました。
楽器や歌を始めようと思ったきっかけは何ですか?
MADOKA:バンドをやる前に楽器をやっていたのは、エレクトーンを習ってたCHIHARUだけで、他はさほど楽器やバンドに興味があったわけじゃなかったんですけど、小5の時に、1個上の先輩がバンド発表会みたいなのをやってたのを観て憧れて。小学校に楽器を教えてくれる横井先生っていう方がいたので、先生にお願いして、そこからですね、始まりは。
もともと女の子だけでバンドをやりたいと思って始めたんですか?
MADOKA:最初に観た先輩バンドが全員女の子のバンドだったんですよ。声をかけたのも自然と女の子だけでしたね。
その時、パートはどのようにして決めたんですか?
YURI:アンケート。どれがやりたいとか、誰とも相談せずに書いて渡して、開けたら全員やりたい楽器が違ったんです。
へぇ。楽器を始める=バンドをやるってことだったんですか?
MADOKA:そうですね。バンドってものをその時初めて観たんですけど、ガールズ・バンドで、女の子だけでカッコいいなって思ったんです。音楽が好きとかいうよりも、バンドをやりたいって感じでしたね。
影響を受けたバンドとかミュージシャンを教えてください。
MADOKA:最初はチャットモンチーさんをカバーしたんですけど、そこからみんないろいろ聴き始めて……だから、たぶんみんなバラバラですね、影響受けたのは。
じゃぁ、順番にいきましょうか。
NODOKA:私はチャットモンチーさんですね。ずっと憧れてました。最近だったら、FLiPさん。ライブを観させていただいた時に、めっちゃカッコいいと思ったんですよ。そこからハマって聴いてます。
MADOKA:私は、チャットモンチーの橋本絵莉子さんです。
あとにも先にも橋本さんですか?
MADOKA:はい。
HONOKA:バンドで初めてカバーしたのがチャットモンチーさんの曲だったんで、クミコンのことをずっと憧れにしてたんですけど、私ものんちゃんと同じで、FLiPさんのライブに行った時、ドラマーのYuumiさんのプレイにひと目惚れして、彼女を目標にしてます。
CHIHARU:私は、SCANDALさんですね。音楽番組に出てて、演奏する前のトークでは可愛らしい感じの人たちだなぁって思って観てたんですけど、演奏では髪の毛を振り乱して、そのギャップに惹かれてカッコいいなって思いましたね。
YURI:私はガールズ・バンドじゃないんですけど、RADWIMPSの桑原彰さんのギターの技術に惹かれまして。で、技術面は桑原さんを目標にしつつ、最近はSIMのSHOW-HATEさんの動きとか。私、キャラも男っぽいので、プレイも男ぽっくなろうと思って、けっこう激しめのバンドの影響を受けてます。
好きなCD、よく聴いてるCDは何ですか?
NODOKA:よく聴いてるCDはチャットモンチーさんの『耳鳴り』っていうアルバムなんですけど、それがバンドを始めて初めて聴いたアルバムだったんですよ。ちゃんとしたアルバムっていうのを聴いたのは、それが初めてだったから、本当、毎日聴いてました。もちろん、今でもずっと好きで聴いてます。
MADOKA:私は、チャットモンチーさんの『告白』ってアルバムがすごい好きですね。チャットモンチーさんのアルバムは全部好きで聴いてるんですけど、その中でも一番というか、アルバムの中の1曲だけが好きとかそういうのではなくて、全体通して……歌詞とかも勉強になるなぁというか、カッコいいなぁと思って聴いています。
HONOKA:私は、FLiPさんの3rdアルバム『LOVE TOXiCiTY』。FLiPさんを好きになってから初めて手にしたアルバムなんですけど、初めて聴いた時に、ライブとは違うカッコ良さがあって、泣いちゃったんですよ、家でひとりで。本当に家に帰って1日1回は絶対聴いてます。
CHIHARU:私は、『TANCOBUCHIN vol.2』(笑)。やっぱり、元気になりますね、聴いてたら。このアルバムは、今の私たちのベストを尽くしたアルバムですので(笑)、多くの人にこの気持ちを味わってほしいです(笑)。
YURI:私は男子ロック・バンドを聴くことが多いので、RADWIMPSさん、SIMさん、04 Limited Sazabysさんとか、キャッチーなものからゴリゴリのロックまで、全部聴いています。
たんこぶちんは小学6年生の時に結成されましたが、プロを意識したのはいつ頃ですか?
MADOKA:小6でバンドを結成した時の目標が、ヤマハ主催の『Music Revolution』でJAPAN FINALに行くことだったんです。毎年、参加し続けて、高2の時にやっとJAPAN FINALに行くことができて。そこで優秀賞をもらったのがきっかけでデビューが決まり、本格的にプロを意識し始めました。
YURI:それまでは、この5人で楽しく音楽ができればいいなっていうぐらいの気持ちでやってましたね。
デビューしてから、いろいろなフェスティバルやイベントに出演していますが、そういったところでの笑えるエピソードとかあったら教えてください。
MADOKA:徳島の和食のフェスに出させてもらった時に、ステージがすごい熱くて。
YURI:47℃とかだったんですよ。
MADOKA:なんかのんちゃんが、茹で蛸みたいに赤くなって、リハーサルから帰ってきたっていう。面白かったんですけど、実際は笑えない話ですね。(笑)。
HONOKA:シンバルで目玉焼き焼けるらしいって、誰かが言ってました(笑)。
レコーディングとかでは、何かエピソードありますか?
NODOKA:骨折ですかね。
NODOKA:体育でドッジボールをやってて、その時に小指を折ってしまして。で、その折れた状態でレコーディングに臨んだっていう。
どっちの小指を折ったんですか?
NODOKA:左です(笑)。しかもその時、激しい曲を立て続けに2曲レコーディングしたんです。
CHIHARU:あったねぇ、そんなこと。あとは、ほのちゃんが泣いたりとか。
HONOKA:よく泣きますね。
YURI:『TANCOBUCHIN vol.2』の中に、たんこぶちんで一番速い「Re:GIRL」って曲があるんですけど、手首を痛めちゃって……悔しくて、泣きながら叩いてましたね。
楽器を選ぶ上でのこだわりについて教えてください。
MADOKA:私はテレキャスのジャキジャキした音が好きなので、楽器屋さんとか行っても、テレキャスのところに行っちゃいますね。色はナチュラル、木目とか好きなんですけど、今は黒のシンラインも使ってます。
NODOKA:やっぱり弾きやすさですかね。あとは、低い音がポーンって来るやつが好きです。
HONOKA:私は、たんこぶちんの曲に合った音が出るスネア……けっこう明るめの音のものを使ってます。スティックに関しては、初めて買ったのと同じ種類のものをずっと使ってます。
CHIHARU:MOTIFを使ってるんですけど、音色が多いのと、鍵盤数が多くてグリスがしやすいです。あと、今、水色っぽいイスを使ってるんですけど、個人的には汚れが目立つけど、白っぽいのが憧れです(笑)。
YURI:私がバンド始めた頃に桑原さんに憧れていたので、ギターもギブソンのP90ゴールドトップにすごい憧れて……今はギブソン・レス・ポールで、色は好きな緑っぽい感じです。基本、ズシズシというか重めの音が好きなので、それ系のギターを選んでいますね。
お薦めの練習方法があれば教えてください。
NODOKA:特に練習方法は決めてないんですけど、スケール練習とかでも小指を使うことを意識してやったりとか。あとは、他のバンドさんの曲をコピーしたりだとか、動きとかを真似したりとかいうのはやったりしてます。
MADOKA:私はギター・ボーカルなんですけど……ギターは、アンプで歪ませたら音がごまかせちゃうので、まずは生でやって、間違えないぐらい練習した方がいいかなって思ってて。で、ある程度ギターができるようになったら、歌と一緒に練習するのがいいかなと思ってます。
HONOKA:ドラムはやっぱり、セットを使ってドカドカ叩いて練習するのが一番いいと思うんですけど、家じゃできないじゃないですか。だから地味練というか、パットを使って、クリックとか聴きながら一定の音程でタカタカって地味練するのがいいかなと。パットがない時は漫画雑誌とかにガムテープをぐるぐる巻いて、それをポコポコ叩いて練習するのがいいと思います。
CHIHARU:私は、iPodで曲を流して、それに合わせて一緒に弾いたりコーラス歌ったりとか。あと、バラードの曲だったら、メトロノームに合わせて練習したりとか。私、幼稚園のころからエレクトーンを習ってるんで、コンクールに出た曲とか練習したり、運指の練習も兼ねて「ハノン」も弾いてますね。
YURI:個人練習だったら、メトロノームに合わせて運指の練習、上がったり下がったりをやって、ライブの練習をする時は、音に合わせても弾くのもそうなんですけど、座ってではなく立って、ちゃんとストラップを付けて弾いてます。フレットの見え方が、座った時と立った時とではやっぱり違うし、カッティングとかも位置が変わってくるんで、やっぱり立って練習したほうがいいと思います。
自分にとってのギターの適正位置があるんですね?
YURI:ありますね。私、けっこう低目なんです。高いと逆に弾けなくなっちゃうんで。
弾きながら歌うというのはけっこう大変だと思うんですけどMADOKAさんなりのコツみたいなものはあるんですか?
MADOKA:私、そんなに難しいって思ったことなくて。ギターですごいことやってるわけではないですし。ただ、リズムが裏を刻んだまま歌うってこともあるので、そういう時は、ギターに集中します。歌はもう完璧に歌詞を覚えているので。
ステージングに関してのこだわりとかあったら教えてください。
NODOKA:以前は恥ずかしがってあんまり前とか出てなかったんですけど、最近はなるべく前に出て、お客さんと目線とかでコミニケーションをとって、乗せるように頑張ってます(笑)。
MADOKA:私はお客さんの目を見て歌うことが多いんですけど、内容がそんなに明るくない曲とかの場合は、ライブハウスの中心の上の方とかの一点だけを見て歌ったりとかします。あとは、足を開いて歌ったほうがカッコいいなと思うのと、手のアクションとかも中途半端に上げるのではなく、上げるならピシッと……そういうのは小さいことかもしれないですけど、やっぱ大事なので意識してやってますね。
HONOKA:私は、お客さんからよく“ほのちゃん、ドラムに隠れて見えない”って言われるんですけど、私的にはお客さんの目を見て笑顔で叩くことが多くて。あとはボーカルになったつもりじゃないけど、声を出さないできっちり口ずさんだりしてます。私、ヘドバンができないんですけど、これからはできるようになりたいし、身長が伸びればお客さんが見えるかなって(笑)。身長が伸びるように頑張ります(笑)。
YURI:もう伸びないよ(笑) 。
HONOKA:できれば牛乳とか飲んで頑張ります(笑)。
CHIHARU:私は、意識してるわけじゃないですけど、けっこう動きが不規則で、すごい足を上げるらしいので、そこを売りに(笑)。
YURI:誰も真似できない足あげ(笑)。
CHIHARU:あと、キーボードって他の楽器に比べたら、手拍子とかワァーワァーってしやすいから、そういうのをするように気をつけてるのと、する時は普通に正面だけでなくて、全体的にお客さんみんなの目を見てするようにしてますね。
YURI:私は、カッコいい曲はカッコ良く、ポップな曲は笑顔で、みたいにメリハリをつけて演奏するのと、やっぱ激しさが売りなので、激しく動いたり、煽ったりとかしてますね、あと、絶対お客さんの目を見て、ひとりでも多くの人に伝えられば、みたいな。私は歌ってないですけど、ギターを弾いてる私でも何かを伝えられたらなぁと思って、ひとり一人の目を見て演奏してます。
みなさん、それぞれヴィジュアル・イメージがあると思うんですけど、ヴィジュアルへのこだわりというのは?
YURI:なるようになったんだね。
NODOKA:みんなから、めっちゃ“ボス”とかって言われてて、そんな感じでこんな髪色にもなったのかな? あとはYURIが先に金髪になったから、両端を派手にしようってことで、この髪色になって。でもこの髪色になってからは、ライブで自信がつきました。
NODOKAさんて、どんなキャラなんですか?
NODOKA:どんなの? 自分ではわかりません。
MADOKA:一番、落ち着いてるというか、態度的に。
HONOKA:お母さん? なんだろう……。
YURI:裏ボスって言っちゃぁ悪いんですけど、バンド内では一番落ち着いてて、どっしり構えてるお母さん、みたいな。
表ボスのMADOKAさんのこだわりは?
MADOKA:なんだろうなぁ……髪型は、あんまり長かったらライブとかで邪魔ですね。歌ってる時に顔が隠れるのもどうかなと思うので……今の髪型はすごい気に入ってます。あとは、スカートよりもパンツですね。動きやすいし。
HONOKA:私は、デビューした時からずっとツインテール担当です。あとは高校卒業してから、前髪を眉毛上にして……これって、なんて言えばいいんですか?
YURI:ゆるキャラ的な感じ(笑)。
CHIHARU:YURIと私は対照的ですね。私は女の子っぽい担当で、衣装もスカートが多いし、髪の毛もゆるく巻いてお姉さん的キャラみたいな感じです。
YURI:私は、デビューが決まってからは、他のガールズ・バンドにはいない男っぽいギタリストになるっていうのを目標にしてて。だから髪もショート・カットで、黒っぽい感じで、絶対スカートも穿かないし、ヴィジュアル的には、そこを極めていこうかと。遠くから見たら男と間違われるぐらい、男の子になりきってるところがあるというか、間違えられたら勝ちだなって、最近思ってます。
バンドを続けていく上での決め事はありますか?
MADOKA:ケンカはしたことないですけど、“こうしてほしいな”って思うことがあったらちゃんと言うようにはしてますね。溜めるのは良くないと思うので。
YURI:もともと幼なじみで小、中学校ずっと一緒だったので、“これ言ったら怒るな”っていうのがだいたいわかるし。“ありがとう”とか“ごめんね”はちゃんと言うようにしないと上手くいかないかなって思ってます。
MADOKA:双子(NODOKA&HONOKA)がときどきケンカすることがあるんですが、いつの間にか仲直りしてるんで、放っておくのが一番の対処法です(全員爆笑)。
リズム隊が双子っていうのも珍しいですよね。
MADOKA:そこは私たちの強みでもありますね。
『TANCOBUCHIN vol.2』に関してですが、どういったものを作りたいと思って、それをちゃんと表現することはできましたか?
NODOKA:去年、高校を卒業して、けっこうライブの本数が増えていって、6月から“We are the Girls BAND!!!!!”っていうガールズ・バンドと対バンする企画をやったりとか、8月に九州全県ツアーをやってきたんですけど、ライブは楽しいけど、毎回うまくいくわけではないというか、やっぱりどこかでつまずいちゃったりするので、そういう時の気持ちを歌った歌だとか……そういうのが詰め込まれているので、今のベスト的なアルバムに仕上がったと思います。
YURI:今までのギター・ソロって、けっこうガチガチに決めてレコーディングしてたんですけど、今回のアルバムは激しめにアドリブでガァーと弾いたりして、今までのアルバムの中で一番、自分の感情を出せたなって思います。
CHIHARU:今回のアルバムは、みんな、それぞれ新しいことに挑戦してることがあって、私の場合は3曲目の「涙」って曲で、初の生ピアノを使ってレコーディングしたんです。推し曲なんですけど(笑)、イントロ部分が特に大事だと思ってて、ドラムとベースに合わせて、切なくて優しい感じに仕上がってると思います。
NODOKA:初めてスラップに挑戦した曲があったり、このアルバムは、1stアルバムよりもっと成長した“たんこぶちん”の音楽が聴ける作品だと思ってます。
HONOKA:今までテックさんにドラムのフィルとかを考えてもらって、それを叩いてたんですけど、今回は「泣いてもいいんだよ」って曲で、全部自分でドラムのオカズをアレンジして叩きました。本当、一歩大きく前進した私たちが聴けるCDだと思うし、私たちの成長を感じられる1枚だと思います。
バンドの中で一番スポークスマン的な人はどなたですか?
全員:CHIHARUですかね。
YURI:なんか、自分が気に入った子はすぐ(笑)。
MADOKA:キャバクラかい(笑)。
CHIHARU:なんかパッと見て、“この人と仲良くできる”って、めちゃ感じるんですよ、それでもっと話しかけて“あ、やっぱりこの子といける”と思って(笑)。いろいろ話して、LINEとか教えてもらったりして、プライベートでも交流するように心がけてますね。
YURI:仕事かよ、お前(笑) 。
CHIHARU:違う違う、心がけてるの(笑)。
今、たくさんのガールズ・バンドが存在していますが、たんこぶちんはどういうポジションにいると思いますか?
MADOKA:知名度でいうと、まだまだ全然なので、これからライブをたくさんやって、いろんな人に知ってもらえるといいなって思ってます。上には上というか、自分たちはまだまだと思ってるので、そういう方たちに追いつけるようになりたいですね。
YURI:負けたくないですね。私たちはライブ・バンドだと思ってるんです。だから、ライブ・パフォーマンスは負けない自信があるし、上にいる方たちに喰らいついていきたいですね。
CHIHARU:やっぱり上には上がいて、負けたくないなと思うんですけど、私は今のAKB48さんとかEXILEさんとかの人気レベルにガールズ・バンドはまだ達してないから、ガールズ・バンドが一丸となって、ガールズ・バンドってジャンルがテッペンに来る!みたいな感じになりたいなと思ってます。
YURI:みんなでね。
HONOKA:私の実力もまだまだだし、知名度も全然ないんですけど、いつかはSCANDALさんとかSilent Sirenさんみたいにビッグになりたいし、そのためにはやっぱり自分たちの努力も必要だから……努力の分だけ大きくなれる。
YURI:どうした?
HONOKA:とりあえず、ガールズ・バンド頂点を宣言します(笑)! ビッグになれるよう、本当に頑張ります。
NODOKA:今までもこれからもずっと全力で、“たんこぶちん”らしさを忘れずに突っ走っていきたいです。
今の話と被るところもありますが、バンドとしての目標、個人としての目標を教えてください。
MADOKA:「ドレミFUN LIFE」とか聴いて、けっこうホップな、ヘタしたらアイドル・バンドなの?って思っちゃう人もいるかなと……それはそれでいいんですけど、今まで以上にライブをやって、たくさんの人に観てもらって、そういうイメージをひっくり返せるぐらい、ちょっとビックリするくらいのカッコいいライブができるバンドになりたいですね。
HONOKA:ガールズ・バンドと言えば“たんこぶちん”ってくらい本当に有名になりたいし、誰からも愛されるバンドにもなりたいし。個人的には、これからも4人の土台になれるようなドラマーになりたいです。感謝の気持ちも忘れずに、これからも頑張っていけたらなと思います。
CHIHARU:本当に日本一になりたいです。街頭インタビューとかで、“たんこぶちんって知ってる? えぇ知らないの”みたいな。“たんこぶちん知ってて当たり前だよ”みたいな感じのバンドになりたいなと思ってます。個人としては、今後キーボード始める子たちのお手本になれればいいなと思ってますね。
YURI:さっきMADOKAが言ったんですけど、ライブがカッコいいバンドになりたいのが一番というか、“たんこぶちんって、ライブめっちゃカッコいいんだよ”みたいな感じに広まるのが理想ですね。個人的には、私のキャラがけっこうロックというか、カッコいいキャラを演じてるわけじゃないですけど、自分はそういうキャラなので、積極的に先頭に立って、カッコいいライブをやっていけたらなと思います。
NODOKA:こうやってバンド活動を続けられているのも、ファンの方がいるおかげだと思ってるので、そのファンも人たちとも一緒に成長しながら、大きくなっていけるバンドになりたいです。
これから楽器を始めたいとか、これからバンドをやりたいなって思っている読者の皆さんにメッセージをお願いします。
MADOKA:やっぱり続けることですよね。何があっても続けることと、メンバー同士、仲良くすることもすごく大事だと思います。

Profile

MADOKA(vo,g)、YURI(g)、NODOKA(b)、HONOKA(d)、CHIHARU(k)の5人組。2007年、小学6年生の時に結成。2013年1月にヤマハ主催『The Music Revolution』JAPAN FINALにて優秀賞を獲得。同年7月に1stシングル「ドレミFUN LIFE」でメジャーデビュー。2014年6月9日(ロックの日)に自主企画イベント「We are the Girls Band !!!!!」をスタート。

Album

「TANCOBUCHIN Vol.2」
ヤマハ
YCCW-1049
¥2,000(税込)

SEARCH