teena RED book

Top > teena RED book Girls' Band Edition > KANIKAPILA Interview
teena RED book Girls' Band Edition

KANIKAPILA

バンドって本当に楽しい!
一緒にカニカピラしましょ〜!

そもそも楽器を始めよう、歌を歌おう、と思ったきっかけは?
YOSHIKA:小さい頃から目立ちたがり屋で、口をいっぱいに開けてお腹から大きな声で歌う事が大好きだったんです。保育園のお歌も、人一倍大きな声で歌っているくらいで(笑)そしたら小学5年生の時にAOIにバンドに誘われて、単純にかっこいいなと思って始めました。
MIZUHO:もともと小さい頃から歌を歌うことは好きだったんですけど、楽器はお父さんがアコースティックギターやっていたので、その姿に影響をうけて始めました。
バンドをやりたいと思ったきっかけは?
LEONA:小さい頃から歌手になりたくて歌やダンスやミュージカルをしていたのですが、歌手になるなら楽器も弾けたほうがいいと思って小学5年生の時バンドを始めました。
KANA:小学校の頃に初めてギターやベース、ドラムなどの楽器にさわってみてその中でカッコいいなと思ったベースという楽器を選びました。リズムがあっているなとか、ブレイクが決まっているなと感じたときにベースの楽しさがわかりました! みんなの音がひとつになった時にとても感動して、バンドをやりたいと思いました!
影響を受けたミュージシャン、バンドをいくつか教えてください。
LEONA:Perfume、安室奈美恵、SCANDAL、BLACK EYED PEAS、初音ミク(ボカロ)です。
PIPPI:SCANDALとONE OK ROCKです。
好きなCDをいくつか挙げてください。
AOI:いきものがかり、ゴールデンボンバー、SCANDALやRADWIMPSなどを聴きます。私はとにかく音楽が好きで、聴いたことがない音楽はすぐに聴きたくなるのでCDはたくさん持ってます。最近だとパンク・ロックとかも聴くことが多いです。
KANA:KANA-BOONの『結晶星』はブレイクがすごくカッコよくてMVはイラストがすごくタイプでした! シナリオアートの『Tokyo melancholy-トウキョウメランコリー-』というアルバムは、1曲1曲がキラキラしていてステキだと思いました。SCANDAL『下弦の月』は、私たちKANIKAPILAが『SCANDALコピーバンド/ヴォーカリストコンテスト 』で演奏した思い出があって、曲を聴いてもライブ観ても、とても感動します!
いつ頃からミュージシャンを職業にしようと意識するようになりました?
LEONA:小さい時に松浦亜弥さんのMVを見て音楽に興味を持って、それからずっと歌うことが大好きです。たぶん2〜3歳ぐらいの頃から、気が付いたら「自分は将来、歌手になるんだ」って思ってて、保育園でピアノを始めて、小学4年生でミュージカル劇団に入ってレッスンをしてて、「将来は歌手になる以外ありえない!」って思って毎日を過ごしてました。
MIZUHO:バンドを結成してから初めの頃は、趣味程度でやっていたんですけど、小学生の高学年からミュージシャンになりたいと意識し始めました。いろんなコンテストなどに出るたびに、たくさんの人から拍手をもらったり、賞をもらったりしてから、本格的にギターをやってプロとして音楽をやりたいと思いました。
これまでバンド活動等をやってきて、笑えるエピソードとか、悲しいエピソードとかありましたら教えてください。
AOI:私は、前髪は眉毛より上にさせない!というこだわりがあるんですけど、ライブの前日に気合を入れて前髪を切ったら、短くなりすぎてしまって……あの時はKANAのクシを使ってなんとか前髪を直しました(笑)。
NATSUKO:すごくやる気まんまんでスタジオに行ったら誰も来なくて、その日は練習がない日と知った時はとてもショックでした。あと、野外でライブをした時に入ったトイレが男子トイレだったのは、とても焦ったけど、今では笑い話です(笑)。
楽器を選ぶ上でのこだわりは?
AOI:私はスティックの長さにこだわりがあります。長さがちょっとでも違ったら、パッドを叩いたつもりがシンバルに!!なんてことが起こってしまうので、ちょうどいい長さのスティックを使っています。あと、私はすぐにスティックを落としてしまうので、スティックが滑り落ちないようにゴムを巻いているんです。これがまた巻くのが難しくて、自分で巻くと30分くらいかかっちゃうんですよね(笑)。
PIPPI:スネアにはこだわりました! これからのパートナー的な物だから、色と、やっぱり音色ですね。いろんなスネアを叩いて一番気に入ったやつを選びました!
これから楽器を始めようと思っている、もしくは初心者に対して、一押しの練習方法(個人練習、バンド練習)があれば教えてください。
MIZUHO:最初から難しいことをやろうとはせずに、遊び感覚でギターをさわって、ギターのことを知って、まずは自分の楽器を好きになることが大切だと思います。私は毎日、指の体操や運動をしているんですけど、いつの間にか弾けるようになっていたり、上手くなったかも!って感じることがあるので、毎日これだけはやる!っていうことを決めて、それを続けると早い期間で楽器がうまくなると思います。指の体操や運動は、けっこういいと思いますよ!
PIPPI:ドラムを始めようと思っている方は、たくさんのドラマーさんを観て真似するといいと思います! 私も最初SCANDALのRINAさんを観て、たくさん研究しました。あとは、バンド練習でも個人練習でも、クリックを聴きながらやるとリズム感もよくなるし、曲もまとまってくると思います!
ステージングで気をつけていること、これは他の人にはない私らしいステージングというものがあれば教えてください。
YOSHIKA:歌の表現については人一倍こだわりがあります。少しでも歌詞がみんなに伝わるように楽器を弾きながらできる表情、動き、顔の角度を自分なりに研究しています。
LEONA:私はダンスが好きで音楽を聴いてたらとりあえず踊りたくなっちゃうので、間奏とか自分がボーカルをとってない時に踊ってたり、歌いながらでもステップをとったりしてパフォーマンスにはこだわっています。「イッちゃえ!I LOVE YOU!」には私が付けたフリも入っているんですよ。例えば間奏とか、私が付けたステップをYOSHIKAとふたりで踊ってます。歌って弾いて踊りまくれる人を目指してます。
女子だけでバンドをやるということに関して、何か思い入れみたいなものはありますか?
NATSUKO:男の子のバンドもとてもかっこいいと思うけど、女の子がギターとかベース弾いたり、ドラムガンガン叩いたりするのも、また違ったかっこよさがあると思うんです。みんなにも、楽しい!って思ってもらえるように、私も全力で楽しんで音楽をしています!
PIPPI:女子だけだから何でも話せるところがいいです。メイクのこととかファッションとか、みんなで意見交換できるとこは女子ならではだと思います!
ビジュアルへのこだわりについて教えてください。
AOI:私はなんといってもこのツインテールです! インディーズの時代からずっとこの髪型なので、もうずっとこのままでいいかな、なんて思ってます。
NATSUKO:前髪をアイロンでクルっと巻いています。こないだ楽屋でおでこをジュッと火傷してしまって、今おでこに丸い跡がついてるんです(笑)。
バンドの中では、それぞれに役割みたいなものってあるんですか?
YOSHIKA:リード・ボーカルの5人は、パフォーマンスや歌と演奏のバランスについて意見を出すことが多いです。ベースのKANA、ドラムのPIPPIは、リズムのこと、主にサウンド面での意見が多いです。例えば、LEONAがパフォーマンスのアイディアを出して、KANAとPIPPIがそれをより演奏と合わせたものにしたりします。メンバーそれぞれが違う角度から意見を出して、頻繁に話し合うことがKANIKAPILAの絆につながっていると思います。
KANA:LEONAはKANIKAPILAのリーダーで、話し合いをする時など、みんなをまとめてくれます。AOIも練習の時に自分の意見をしっかり言ってくれるしっかり者です。YOSHIKAは明るくてとっても寂しがり屋さんですが、メンバーにたくさん声をかけて場を盛り上げてくれます! MIZUHOもとってもみんなを笑わせてくれるけど、ギターを弾くととってもクールになって、演奏でメンバーを引っ張っていってくれます。NATSUKOは周りが和んでしまうような平和なオーラ全開で、いつも相談にのってくれるやさしい子です。PIPPIはKANIKAPILAの演奏の要です。全員の音をドラムがバシッとまとめてくれます!
バンドを継続していく上で気をつけていること、心がけていることはありますか?
LEONA:KANIKAPILAは話し合いを大事にしてます。練習中に自然にバンドの事についての話し合いが始まることがよくあって、けっこうな頻度で話し合ってます。喧嘩もたまにするんですがすぐ仲直りしちゃって、その直後の演奏はより良くなるんです。そうして一致団結してもっと絆が深まっていきますね。だから、たまには喧嘩も必要です(笑)。良いことも悪いことも、メンバーに対して思ったことやはしっかり話すようにして、悪いところは直していって、良いところはもっと伸ばしていって、バンド全体で上を目指していってます!
PIPPI:いつも自分の意見をしっかり持つってことを心がけています! メンバーみんなでミーティングをよくするんですけど、7人いるとそれぞれが違う意見を持っているから、みんなでそれを伝え合うとより気持ちがひとつになって、演奏もすごく良くなります!
女子だけでバンドをやることのいいところ、悪いところがあれば教えてください。
LEONA:ガールズ・バンドには、“カッコいい”だけじゃなくて“カワイイ”もあるところが魅力だと思います。こんなに可愛い見た目なのに演奏するとすごくカッコいい!とか、そういうギャップに私自身もとても惹かれます。言いたいことが言い合える女子同士でバンドを組むっていうのはすごく楽しいし、バンド以外でもファッションやメイクの話だったり楽しめることだらけです。悪いところは無いです!ガールズ・バンド最高!
NATSUKO:洋服とかメイクとかの話をしたり、おいしいお店の情報交換をしたり、おしゃべりをするのが楽しいです。みんなでいると、ずーっとおしゃべりになってしまいます! 悪いところは……荷物が多くなることかな? なぜか必要ないものまで入れてしまうんです。この間、飛行機に乗る時、何人か重さがオーバーしちゃって、大変でした。みんなでスーツケースが軽い人に荷物を分散させて、すごく頑張りました(笑)。
2015年2月25日発売の『イッちゃえ!I LOVE YOU!』について、どういったものを作りたいと思っていて、それはどこまで表現できましたか?
また、その時にやりたいことを素直にやれましたたか? 楽しんでやれましたか?
MIZUHO:5人がメイン・ボーカルということで、全員で歌った時の歌の厚みや、5人もいるからこそできるハーモニー、そして歌い手がかわる面白さを伝えたいなと思いました。また、「イッちゃえ!I LOVE YOU!」には掛け声やハンド・クラップが入っているんですけど、KANIKAPILAの普段の明るくて元気な感じをそのままCDに入れました。レコーディングも賑やかな雰囲気で楽しかったです。自分たちの魅力を最大限に表現でき、メンバー全員心から音楽を楽しんで作ることができました。
メジャー・デビューした、今の心境は?
YOSHIKA:ずっと夢見てきたメジャー・デビューができてより多くの人にKANIKAPILAを聞いてもらえることができて嬉しいです。これを新たなスタートにして、もっともっと新しいことしていきたいと思います。
NATSUKO:ずっと7人で目指してきた夢だったからとても嬉しいです。でも、全然実感が湧いてこなくて、お出かけした時に曲が流れてたり、ポスター見つけたりしたら、「わ、KANIKAPILAだ!!」ってなってビックリします(笑)。
ライブとレコーディング、それぞれはバンドにとって、個人にとって、音楽活動の中でどういった位置づけですか?
AOI:ライブはパーティだと思っています。私たちも楽しくてお客さんも楽しい、そんなパーティみたいなライブをいつもしようと心がけています。レコーディングは新しいものが生まれる瞬間だと思います! この曲はこんな歌い方してみようとか、こんな風に表情をつけようとか、みんなでいろいろこだわって、良いものができるよう頑張っています。
MIZUHO:私は普段、ライブではリード・ギターとボーカルをしているんですけど、やっぱりリード・ギターはバンドを引っ張っていく重要な役割だと思います。またレコーディングでは、メンバーのお手本になるように必ず一番最初に歌を録ります。コーラスも全部私がレコーディングすることが多いです。バンドの中では、楽器の面も歌の面もみんなを引っ張っていかないといけない立ち位置だと思います。
KANIKAPILAというバンドを言葉で表現するとしたら?
KANA:ずばり! KANIKAPILAです! カニカピラはハワイ語で“一緒に音楽を楽しもう!”という意味なので、この言葉のようにたくさんの人と音楽を楽しみたいです!
現状のガールズ・バンド・シーンをどう見ていますか? 自分たちはどんな立ち位置にいると思いますか?
KANA:たくさんのガールズ・バンドが出てきて、どのバンドにもすごく興味があります! 女の子にしかできない楽器の弾き方や歌い方があると思うんですけど、私たちも私たちにしかできない演奏をしていけたらいいなと思います!
PIPPI:たくさんガールズ・バンドが増えてきてとっても嬉しいし、いつかガールズ・バンドだけのフェスとかやりたいです!
KANIKAPILAはボーカルが5人だったり、演奏の時にパフォーマンスをやったり、他にはいないガールズ・バンドになっていきたいです!
こんなバンドになりたいという目標はありますか?
YOSHIKA:どんなジャンルでもみんなに笑顔になってもらえる、たった1曲だけ、たった3分だけでみんなに音楽の楽しさを伝えられるバンドになりたいです!
PIPPI:いろんなジャンルの音楽を演奏できて、とにかく世界で一番笑顔になれるバンドになることが目標です!“カッコいい”でも“カワイイ”でもない、“楽しくて、笑顔になれる”バンドを目指します。
これからの目標を教えてください。
YOSHIKA:楽器を弾きながらでも、私にしかできないパフォーマンスを生み出すこと。そして、みんなで最高のライブを作ります。
NATSUKO:バンドをずっと続けたいです! でも、パンと料理が好きなので、いつかパン屋さんをしてみたいなって思います。
MIZUHO:私の個人的な目標は、音楽の教科書に載ることです。インディーズのCDの中に、「筑後川」という曲があるんですけど、ライブで演奏するたびに感動して泣いてくれるお客さんがいるので、そういう曲で音楽の教科書に載って、私たちの音楽を幅広い範囲で届けていきたいなと思います。
KANA:今まで誰もしたことのないような場所でライブをしてみたいです! おばあちゃんになっても音楽を楽しみ続けたいです!
PIPPI:いろんなところでライブをして、KANIKAPILAでずっと音楽を楽しんでいたいです。そしてもっと魅せるドラマーになることが目標です!
ガールズ・バンドやバンドに憧れていて、これからバンドや楽器を始めたいと思っている中高生にメッセージをお願いします。
YOSHIKA:うまくできなくてもいいんです! まずは自分たちで奏でる音楽の楽しさを知ってほしいです! 私たちがそのきっかけになれるように、ライブで音楽の楽しさを伝えます!
MIZUHO:バンドや楽器を始めると、本当にたまらなく楽しいです! なので、音楽の楽しさをどんどん感じて、いろんなことに挑戦して、これからガールズ・バンドが世の中にもっとたくさん増えてほしいなと思います。どんな時も音楽を楽しむ心を忘れずに頑張ってください!!
NATSUKO:バンドのメンバーって、家族ではないし、友だち?って聞かれると、違うなって思います! なんでだろう……とても大切な存在になります。バンドって、本当楽しいです! 一緒に音楽を楽しみましょう〜! カニカピラしましょう〜!

Profile

LEONA(vo,g)、KANA(b)、NATSUKO(vo,k)、AOI(vo,per)、MIZUHO(vo,g)、YOSHIKA(vo,ukulele,g)、PIPPI(d)からなる中高生7人組のガールズ・バンド。メンバーの親同士が作ったハワイアン音楽サークルで出会い、幼なじみだった7人はその影響で楽器を始める。2015年2月25日にシングル「イッちゃえ! I LOVE YOU!」でメジャー・デビュー。

Single

「イッちゃえ! I LOVE YOU!」
EPIC Records
ESCL-4361
¥1,300(税込)

SEARCH