teena RED book

teena RED book Girls' Band Edition

FLiP

自分で切り開いていけば道はおのずと見えてくるものだよ。

楽器を始めよう、歌を歌おうと思ったのはいつ頃ですか?
Sachiko:物心ついた3、4歳ぐらいですかね。その頃から、歌うことを仕事にしたいなって思ってたような気がします。家族の誰かが音楽をやってたわけじゃないんですけど、ひとりでアカペラで歌ったりとか、即興で歌ってたんです。それが自分の遊びみたいな感じだったんですね。で、高校入学したら、バイトして楽器も買えるし、自分でできる幅も広くなるから、バンドを組もうと思ったんです。しかも、自分が作った曲で歌いたいって欲がすごいあったんで、だったら楽器はギターだなって思って。弾き語りをやるんだったらアコースティック・ギターですけど、自分の中での向かう先がバンドだったんで、エレキ・ギターを買って、曲を作るためにコードの練習から始めました。
有名曲のコピーとかしなかったんですか?
Sachiko:バンドを組んだけど、オリジナル曲をどうやって作っていいかわからなかったので、まずはコピーをしようって。そこから始まってはいるんですけど、コピー・バンドではないですね。曲を作るためにコピーしようっていう流れでした。
最初に組んだバンドがFLiPなんですか?
Yuumi:SachikoとYukoは、もともと別のバンドをやってたよね。
Sachiko:そうですね。FLiPの前にそれぞれバンド組んでました。Yukoに関しては、受験があるからお休みしようってなって。で、FLiP組んでって感じです。YuumiとSayakaは、FLiPが初めてのバンドです。
ドラムを始めようと思ったきっかけは?
Yuumi:Sachikoに誘われてからです(笑)。それまでは部活でバレーボールやってたし、バンドにもあまり興味なかったんですよ。不良がやるもんだと思ってたんで(笑)。トゲトゲしてるイメージだったから、あえて手は出さなかったんですけど、Sachikoと通学路が一緒だったので、いろいろ話を聞いてると、いろんな音楽のジャンルがあって、興味を持ち始めて。で、部活やめた時に“一緒にやらない?”って言われて。全然知らないから、逆に教えてもらおうっていうのもあったし、ドラムというリズム楽器に憧れもあったんで、ちょっと趣味がてらぐらいの軽い気持ちで始めました。やり始めたら、すごく衝撃的なことばっかりというか、ライブ・ハウスやスタジオ、あとは公園でエレキ弾いたりとか、とにかく楽しくて、そこからハマっていった感じですね。
Sachiko:楽器をやってる子が周りに全然いなくて。Yuumiは運動神経が良いし……。
Yuumi:誘われた時に“ドラム触ったことある”って言ったら、私のことを経験者っていう風に認識してしまい……。でも、興味あったんで、そこを自分的にその……。
Sachiko:アピールしたんだよね(笑)。
Yuumi:まんまと引っかかってくれました(笑)。
影響を受けたり、参考にしているミュージシャンはいますか?
Yuumi:ドラマーとして影響を受けたのは、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド・スミスですね。何ができたら上手いとかカッコいいとかっていうのが、すごい漠然としてて。そんな中、教則DVDとかは観るようにしてたんですけど、パール・ユーザーのフェスのDVDがあって。ひとり持ち時間15分ずつで、みんな手数の多いすごいことやってるんですけど、チャドだけが10分間ずっと同じリズムをやってたんですよ。それにすごく感動してしまって。初心者だからだと思うんですけど、とにかくわかりやすかったんです。他の人のプレイは、そもそも何やってるかがわからないから、それがすごいっていうのも当然わからなくて。自分のわかる範囲……そのリズムをクリック聴かないでキープする素晴らしさとか、ちょっと抑揚つけたりだとかっていうドラムにかなり衝撃を受けて。だから、歌ものやるんだったら、この人を目指そうみたいな感じはありました。
Sachiko:バンドやって、曲を作って、ライブをしてって中で衝撃を受けたのは、カート・コバーン。ニルヴァーナっていうよりかは、カート・コバーンで。“この人なんなんだ?”みたいな感じが、すごいあって。すごく憂いにまみれつつ、ピュアなところを垣間見せてくれる、みたいな。すごいトゲがあるけど、すごい柔らかい、みたいな。私自身、10代から20代前半までは浮き沈みがすごく激しい時期でもあったんで、その儚い感じとかパーソナルに惹かれて……。こんな人が書く歌詞とか、この人が鳴らすワン・コードのギターの激しさだとか。あと、『イン・ユーテロ』聴いた時に、あのアルバムって(カート・コバーンが)亡くなる直前の作品じゃないですか、『ネヴァーマインド』では感じられなかった死をめっちゃ感じたんですよね。歌詞の和訳とかも全部読んだんですけど、感情移入し過ぎちゃって、苦しくて(アルバムを)聴けなかったりとかしました。ここまでアーティストにのめり込んだのは、彼が初めてです。あとは、単純に楽曲の世界観に魅力を感じたのが、ノエル・ギャラガーですね。弾き語りでも、バンドでどれだけアレンジしても、例えアカペラだとしても、名曲だって思える歌を作ってる人だなって。ソングライターとして、そういったところを大切にしようって思わせてくれた人ですね。私、ギター&ボーカルですけど、ボーカリストだっていう認識のほうが強いから、どうしても歌に気をとられてしまって……まぁ、リード・ギターもいるし、歌うためのギターでしかなかったんですけど、ノエルが弾いてるギターを聴いて、ああいうチョーキングしたいなと思ったりして、コピーしたりとか。ギター&ボーカルとしてバンドでやっていく過程で衝撃を受けたというか、いい影響を私に与えてくれた人だと思ってます。
プロ・ミュージシャンを意識したのはいつ頃、どんなきっかけでしたか?
Sachiko:漠然とってことだと、中学生ぐらいからですね。自分の人生だし、なんかやりたいことがやれないのってすごい嫌だなと思って。やりたいことがあるんだったら、それを貫き通して死んだら本望だなって、誰にも言わないけど思ってて。で、中学校3年生の時の担任の先生がめっちゃ熱くて、“一度きりの人生だぞ。熱く生きろ!”みたいなことをめっちゃ言ってくる、『GTO』の鬼塚みたいな先生だったんですよ。そうだよなって思って。あの先生の言葉は、けっこう大きかったような気がします。……高校に入ると、大学進学か就職かみたいな、いわゆる10代の感覚じゃなくて20代、大人の感覚っていうのが芽生え始めるじゃないですか、将来的な部分とかで。バンド・メンバーもそれぞれ進学するか、バンドを続けるか、学校へ通いながらバンドするかとか、いろいろ選択肢はあったんですけど、未練のない人生を歩むのであれば、やっぱバンド一本に絞って早いうちに行動しつつ、ダメな時のことも考えなきゃいけないとか、けっこう現実的になってましたね。
Yuumi:私はFLiPを始めた時は趣味的な感じで、Sachikoより軽く考えてたと思います。初めてライブをやった時も、チケット代のバックが出るほどお客さんを呼べるような力もないし。だから最初のうちはずっとお金を払ってライブに出てた感じだったんです。それからお客さんを呼べるようになった時に“ああ、自分の今のこの遊び感覚じゃあダメだな”と思って、仕事という意識が出ましたね。
結成から約10年、その間には笑えるエピソードとか、いろいろあったと思うんですが?
Sachiko:笑えるエピソード、毎日、なんかあるよね(笑)。
Yuumi:やっぱ、忘れられないのってあるよね。初めてのライブの時、ある曲のコピーをやったんですけど、フレーズ的に叩けるか叩けないかという瀬戸際なところでステージに立ってしまったんですよ。で、お客さんが手拍子とかしてくれるんですけど、だんだん早くなっていくじゃないですか? 自分もリズムをキープするっていう考えないから(笑)、それにまんまと乗せられて、3回サビがあるんですけど、3回目のサビの頃には、そのフレーズが叩けないというか、空白が生まれるという、謎のライヴしたことあります(笑)。
Sachiko:歌うのに一生懸命で、わかってなかったかも(笑)。
Yuumi:あと、誰もライブ中にチューニングしなかった時期あったよね(笑)。
Sachiko:ライブ前にチューニングして、チューナー持たずにステージに立ってたことがあったね(笑)。
Yuumi:6曲ぐらい通しでやった後、PAさんに“途中でチューニングした方がいいよ”って言われて、“あ、しなきゃ”みたいな(笑)。それ以降は、3曲ぐらい演奏すると、みんな一斉にチューニングを始めるという。しかもフットスイッチ・タイプではないので、みんな後ろ向いちゃって(笑)。その間、5分ぐらい、シーンとしてる中で、“どうしよう”みたいな。私だけ正面向いてるじゃないですか(笑)。“ヤバい。しゃべらなきゃ”って思って、“イチゴのパンツ買ったんですけど、履いたらトマト柄みたいに横に伸びましたぁー”って言って(笑)。シーンとなって終わりました(笑)。そこからね、MCになるとトラウマが(笑)。
Sachiko:長いね(笑)。……PAさん、ライブ・ハウスの店長さん、先輩バンド、いろんな人たちにいろいろ教えてもらった感じはあります。
Yuumi:中音と外音の違いとかもわかってなかったし、とにかく音がデカかった(笑)。
Sachiko:キャパをあんまり意識してなくて、8畳くらいの大きさだとしても、自分にとって気持ちいい音量を出す(笑)。
Yuumi:けっこうケンカしてた気がする。Sachikoのマーシャルのアンプが私のほうに向いてて、Sachikoはアンプの脇とかで弾いてるから、“ちょっと音量下げて”みたいな。
Sachiko:でも、“大きいほうがいい。大きくないとテンション上がらないんだよね”って(笑)。
Yuumi:こっちはテンション下がるし、みたいな(笑)。
Sachiko:言ってましたね、そんなこと(笑)。今は、ある程度の音量というか、バランスっていうのを覚えましたね (笑) 。
楽器を選ぶ上でのこだわりは何ですか?
Sachiko:直観です。だから、楽器屋さんに行くまで“レスポール買うぞ”と思っていても、帰る時にはまったく別のギターを買ってたりします。
今使っているギターも直感で買ったんですか?
Sachiko:そうですね。ジャガー……シングルコイル(PU)っていう選択肢が、そもそも私の中でなかったんですよね。初めて買ったギターもレス・ポールで、ハムバッカー・ラブ!みたいな感じだったんですけど、“シングルコイルでいいのないかなぁ”と思い始めて。私自身、“ストラトキャスターじゃないんだよな”っていうのは思ってたんですけど、“ジャガーとかムスタングもいいよ”って知り合いの方に薦めてもらって、弾いてみたらすごい相性が良くって。そこからメインは、ずっとジャガーですね。もう6〜7年ですかね。
Yuumiさんはどうですか?
Yuumi:私はフープの深さですかね。フープだけしかこだわらないです。素材もいろいろありますけど、最終的には、自分でどう調整していくかでしかないから。……今はLUNA SEAの真矢さんのシグネイチャー・モデルを使ってます。
今もやっているイチオシの練習方法はありますか?
Sachiko:いしわたり淳治さんと一緒に制作をしてた時期があったんですけど、淳治さんは曲を作るにあたってコピーをすごく大切にする方なんです。カッコいいと思う曲を体感することで、カッコ良さを身につけたり、ボキャブラリーを増やしていくんです。逆に、“このフレーズないよな”と思ったら、なんでこのフレーズがないと思うのかを体感して理解する。比較対象をしっかり身につけられるので、コピーはプラスになることがすごく多いんですよね。
Yuumi:今FLiPは、カバーという形でやってるんですけど。コピーしたうえで、自分たちのフィルターを通したらどうなるか? っていう実験的なことをいっぱいやってますね。
ステージングで気をつけていることはありますか?
Yuumi:年々変わってるというか……。人のライブ観て“これ、やりたい”とかもあるし、今作ってる曲に対する自分たちのタイムリー感、みたいなことでも変わるし。昔は、暴れたもん勝ちみたいな感じだったよね(笑)。
Sachiko:最初の頃は、統一感があまりなかったかも。個々で暴れる、個々でノる、みたいな。でも、ツアーを回ってたくさんの人と触れ合うようになって、ステージングって大事だなって思い始めて、アイ・コンタクトを意識的にするようになって。今は無意識にやれてますけどね。私はボーカルなので前を向いてますけど、背中で感じるっていうのをすごくやってますね。前向いてても、後ろの3人、例えばYukoとSayakaが向き合って演奏してる時って、なんかわかるんですよね。めっちゃ息が合ってるんです。……空気感を捉えるというんですかね。回数重ねていかないと、たどり着かないことだと思うんですけど。“今、3人は何をやってるんだろう?”っていうのを頭の片隅で気にすることは、けっこう大切だなぁと思ってます、ボーカルとしては。
Yuumi:私は今、フロントの上手にいるんですよ。フロントマンになりました(笑)。基本、ドラムって、一番後ろじゃないですか。私の前にドラム・セットがあって、その同じ列にギター・アンプ、ベースアンプの壁があって……奥まってて光が当たらないし、お客さんの顔が全然見えなくて、けっこうフラストレーションが溜まって、“お客さんの顔がみたい! ”って言って。前方上手でSachikoのほう向いたセッティングだと、コーラスする時に正面向けるというのがあったんで、それを提案したら、“いいじゃん”ってなって。だから今は、私のちょっと後ろにSayaka、私の正面(下手)にYuko、センターにSachikoって感じです。
Yuumi:スタジオで円を作ってやってる感じというか、その延長線上でできる感じがあって。
Sachiko:やってみて、やりやすいということがわかりました。
Yuumi:横向いてメンバーがいるって幸せ(笑)。正面向いたらお客さんがいるし。
女子だけでバンドをやるってことに関してのこだわりなどはありましたか?
Sachiko:ありましたね。FLiPを結成する前にやってたバンドでは、私、紅一点だったんですよ。他は全員、同じ年の男の子たちで。で、メンバーとは恋愛感情ないのに、男子メンバーの彼女が私にやきもち焼いたり。そのせいで、男子メンバーと私がギクシャクしたりとかして。
Yuumi:お互い気を使ってね。
Sachiko:意味不明なんですよ。私はもともとそのメンバーを好きでも何でもないのに、“お前のこと好きじゃないから”って言われたり(笑)。“はっ? ”みたいな(笑)。内輪では何もなくても周辺で誤解が起きてしまうんだと。音楽を純粋にやりたいだけなのに、そういうストレスはいいやと思って。それ以来、バンド組む時は絶対、女の子縛りにしようと。しかも同級生の女の子縛りにして、直観で“その子とやりたいな”っていう子とやろうと。だから、楽器の経験者かどうかは気にしなくて。女友達でもあるし、同級生だし、それでバンドとしてずっとやっていけたら、すごく強いなっていうのを組む時から思ってました。
女子だけでバンドをやる上で、良くない点もあると思うんですけど、その辺はどうですか?
Yuumi:女性同士って言葉遣い(言い方)が重要だったりするじゃないですか。私たちも最初の頃はかなりぶつかってましたけど、今は、こっから先を言うとうケンカだなとか、こっから先を言うと根に持つからとか、お互いのことをわかってきたんで、言葉のセレクトに関しては気をつけようみたいな。
Sachiko:これは、同性あるあるだね。
Yuumi:男子のバンドマンだと、ぶつかり合ったり、殴り合ったりして、それで解散するか、よけい仲良くなるか、どっちかだと思うんですけど、女子の場合、そういうことがあったらもう終わりますよね。
Sachiko:話し合いを持つ場合はありますね。いつの間にかそういう感じになってました。
4人の中での役割分担みたいなのはあるんですか?
Sachiko:自然にある気がする。Yuumiはやっぱムードメーカーなんで、天然でいつの間にか自由に面白いことをやってるんで。
Yuumi:Sayakaはたまにノっかってきてくれるけど。
Sachiko:けっこうな割合でノっかってるよ。
Yuumi:でも、たまに冷たい時がある。
Sachiko:Sayaka自身がノらない時は突き放すよね(笑)。
Yuumi:Yukoはなんだろう、中間管理職的な。
Sachiko:Yukoって、お父さんみたいじゃない? お父さん的でドンと構えて、このバンドを俯瞰してる感があります。
Yuumi:でも、たまに何かやらかす(笑)。
Sachiko:私はわがままにさせてもらってる気はしますけど。
Yuumi:わがまま(笑)。
3rdアルバム『LOVE TOXiCiTY』、昨年出したシングル「GIRL」について教えてください。
Sachiko:『LOVE TOXiCiTY』は、“セルフ(プロデュース)でやるぞ”って決めて取り組んだアルバムです。スタジオでの作業が長くかかったりとか、行き詰った時間も多かった反面、クリエイティビティだったり、4人で曲を作るっていうコンセプトに対してすごく向き合えたというか。全身全霊っていうワードがすごくハマるアルバム、自分たちに課したハードルを超えたアルバムですね。でも、100人に聴いてもらって、その100人全員が“いい”っていうアルバムではないとも思ったんですね。どれくらいの割合かわからないですけど、“いい”って言ってくれる人たちのディープなポイントに刺さる曲が入っているアルバムというか。「GIRL」は……FLiPがやりたいことって、ドンドン変わってくるというか、だから、新しいものを取り入れたいっていう気持ちが強いし、それがあるからこそバンドが新鮮でいられるし。自分たちが自分たちの音楽にマンネリ感を抱いた瞬間が来ると思うとすごく怖いというか、その瞬間って来てほしくないっていうか。“明日、何が起こるんだろう?”っていうワクワク感がすごく欲しいから、悪くいえば飽き性だけど、今やりたいFLiPのサウンド、言葉が詰まってますね。『LOVE TOXiCiTY』を出してからインプットできたことを見つめ直した時に、10代に聴いてたUSのサウンド……ルーツに帰ろうと思って。バンドをやる前、リスナーとして好んで聴いてたものをFLiPに落とし込もうって思って作ったのが「GIRL」です。『LOVE TOXiCiTY』で響かなかった人に響くサウンド感。もちろん『LOVE TOXiCiTY』を聴いて響いた人にも刺さる言葉、サウンド感、FLiPの世界観っていうもののバランスは、すごく考えながら作りました。
曲を作る工程ってどんな感じですか?
Yuumi:『LOVE TOXiCiTY』まではセッションやったり、Sachikoがその上からメロディ乗せるとかやってたんですけど。
Sachiko:あと、弾き語りでワン・コーラス作って、それをバンドでアレンジとか。
Yuumi:まぁ、どれもけっこうやり尽くした感があって。今までやってきたやり方だと、新鮮味がないっていうか。Sachikoの中でも、“ひとつ枠の外に出たい。もっと幅を広げたい”っていうのがあって、だから『LOVE TOXiCiTY』作った後に、けっこう勉強したんだよね。Pro Toolsのソフトを買って、シンセサイザーとかの機材も揃えて、楽曲作って。
Sachiko:“フルで全パートを自分で作らせてほしい”って、今までだったら言えなかったことを言える環境というか、空気感でもあったし。やりたいというモチベーションと、みんなも“いいよ”って、フランクに返事してくれるんだろうなっていう時期だったので、“これはやるべきだ”って。ここから新しいFLiPの音楽が生まれる気がしてならなかったんですよ。少しでも光が見えていたら、そこに突っ走っていくというタイプなんで、私。Pro Toolsで全パート作って、それを元にバンドで演奏して……デモの段階での違和感だったりとかを生の音で擦り合わせていったりとか、ちょっとリズムのニュアンスを替えてみたりとか。それが今、主流になりつつあります。
Yuumi:かなりスタジオ代が浮いたよね(笑)。
Sachiko:私がひとり引きこもってればいいから(笑)。楽しめてやれてるからいいんですけどね。ある程度の数のデモができたら、試聴会っていうものをするんですけど、むっちゃ緊張しますね。
Yuumi:Sachikoは聴かせる順番とかも考えて、落ちつきがないもん。“いいねえ”って言ったら、めっちゃ嬉しそう。
Sachiko:嬉しいよ。だって、ひとりで引きこもって作ってる曲だから。
ライブとレコーディングに関して、自分の中でのそれぞれの位置づけというのは?
Yuumi:レコーディングは、今の自分にできることを最大限出す場ですかね。形として残るものなので、完璧にしたいというか。だから、思ったようにできた時は嬉しいし、自信にもなるし、“これだけできたんだ。挑戦して良かった”って思います。で、それを聴いてくれる人と共有するのがライブじゃないですかね。
Sachiko:レコーディングというワードに関して考えた瞬間が2日前ぐらいにあって。曲を録音することがレコーディングって思いがちだけど、競技で記録更新したら、“レコード更新”って言うじゃないですか。記録なんだなぁって、ひとりでぼそっと考えてたんです。“自分はレコーディングをどういう気持ちでやってるんだろう?”って今、考えてたんですけど、ゲームだなと思ったんですよね。まずはYuumiのリズム録りという土台を作って、その上にベースを乗せていく。その際、いろんな音色を楽しみながら試してみるんですけど、EQのいじり方もそのセクションの何かをクリアするみたいな感じでやってて。レコーディングをめっちゃ楽しんでるので、休まなくてもいいくらいだし。
Yuumi:戦闘態勢整えてミッションをクリア、みたいな。
Sachiko:レコーディングって真面目に言えば、“記録する”とか、その瞬間、瞬間、今できるベストを尽くしてっていうのはもちろんあるけれども、私にとってレコーディングは、けっこうゲームだなって気がしてます。それで自分が買いたいと思う曲を作りたいし、自分が買いたいと思う音にすればいいと思ってるんで。楽しんでる現場の音が、たぶん聴く人にも伝わるだろうなって。
Yuumi:空気感、大事だよね。
Sachiko:その瞬間、空気感も含めたものがレック。で、ライブは、その瞬間の生身のものを共有することだと思ってます。
今ガールズ・バンド・シーンがすごく盛り上がってきていると思いますが、どんなふうに捉えていますか?
Sachiko:超いいと思います! 新しく出てきてるバンドは私たちより年下も多いと思うんですけど。“頭の中どうなってるんだろう?”って思うような曲を作る子もいて(笑)、学ぶことも多いし。自分がけっこうストレートなものを好んで作るからこそ、比較対象になるし、そこで改めて自分のスタイルがわかるというか。あと、FLiPだけで、他のガールズ・バンドひとつだけで、ガールズ・バンド・ブームが来るかっていったらそうじゃないと思うんですね。女性のフィールドが賑わってるのは単純にライバルが多くて面白いです。
そんな中で、FLiPはどういうバンドになっていきたいと思っていますか?
Sachiko:日本人がどれだけアメリカ人の真似をしたって、ただの真似でしかないから。でも、自分たちが好きだなと思ったものを、FLiPっていうフィールドに取り入れたら、それはオリジナルだと思うんです。ちゃんと土台があるから。私たちは沖縄に生まれ育って、洋楽をすごく聴いてる環境だからこそできる音楽を、国内に収まらず海外でもシェアされるバンドになりたいなと思ってますね。
Yuumi:私はもうSachikoに従うだけです(笑)。
これからバンドを始めたいと思っている中高生の皆さんにアドバイスがあればお願いします。
Sachiko:10代の頃から私、“ヘンな人だ”って言われたんですけど、それは褒め言葉だと思ってて。10代って、劣等感とか感じやすい時期だと思うんです、自分を否定したくなったり。そういう苦しい時期があるからこそ音楽に没頭できたりするところもあって。でも、その時の私は、“今いる環境がすべてじゃないよ”っていうことを誰かに言ってほしかったなと。今は小さな水槽の中にいるかもしれないけど、海は想像以上に大きくて。そこで出会った人と、自分が思い描く未来を作っていけばいいし。絶対にこの世の中には相性の合う人がいるから。今は孤独だと思ってるかもしれないけど、自分で切り開いていけば道はおのずと見えてくるものだよっていうことを伝えたいですね。
Yuumi:なりたい自分を想像して、それを周りに言いふらすことが大事だと思います。どれだけ自分の中で思ってても、言わなきゃ伝わらない。無謀だなと思うくらいのものでもいいので、バンドで共有しつつ、言いふらして周りを巻き込んでいくといいかなと思います。

Profile

Sachiko(vo,g)、Yuko(g,cho)、Sayaka(b,cho)、Yuumi(d,cho)の4人組ロックバンド。2005年に沖縄県那覇市で結成。2010年2月、サウンド・プロデューサーにいしわたり淳治氏を迎え、ミニ・アルバム「DEAR GIRLS」でメジャー・デビュー。ガールズ・バンドの枠を超えたエネルギッシュなサウンドで高い評価を受けている。

Single

「GIRL」
EMI Records
UPCH-80385
¥1,296(税込)

SEARCH