JOBS & STUDY

Top > JOBS & STUDY > ESPミュージカルアカデミーキャンパスウォッチ!Vol.1:「ギタークラフト科」篇

teena × ESPミュージカルアカデミーコラボ企画 ESPミュージカルアカデミーキャンパスウォッチ!Vol.1:「ギタークラフト科」篇 大倉士門

  • ギタークラフト体験
  • 座談会

大倉士門 ギタークラフト科と語る

ギタークラフト科の授業を見学&体験した後は、同科2年に在籍する学生との座談会へと突入。
士門クンがインタビュアーとなり、ESPミュージカルアカデミーに入学したきっかけ、ギタークラフト科を選んだ理由から将来の夢まで、いろんなことを聞いてもらいました。

認可校であることを条件に学校を選びました。認可校っていうのは、卒業すると履歴書に書けるんですよ。

大倉士門(以下、大倉):ESPミュージカルアカデミーに入学したきっかけから教えてください。

石崎駿介(以下、石崎):自分の場合は高校1年生からギターを始めて、3年生になった時にやっぱりバンド活動とかでデビューするのは難しいと感じて……でも、音楽の仕事につきたかたったのと、小さい時から好きだった物作りっていうのが一致する職業を探したら、ギタークラフトというのがあって。ギタークラフトを教えている学校は数少ないんですけど、その中から一番近くてなおかつ認可校であることを条件に学校を選びました。認可校っていうのは、卒業すると履歴書に書けるんですよ、認可校でないところだと、最終学歴が高卒になっちゃうんです。

鮎川いづみ(以下、鮎川):私は小さい頃からピアノをやっていて、その後は彼と一緒で、高校からバンドというかギターをやってたんですけど、(高校)3年生になった時に大学か専門学校か、どっちにいくか迷って……結局、大学行ったんですけど勉強自体ダメだったというか、1年間勉強して、その後3年間勉強したいことがなくて、その時やってたバンド・メンバーの子が、偶然この学校の1学年上の先輩だったんですね。この学校の話を聞いてるうちに、物作りも好きだし、音楽も好きだし、ギターを作るなんて想像できない世界ではあったけど、(ギター)クラフトにすごい興味を持って。その後も迷ったんですけど、入学しました。

大倉:ピアノクラフトではなくて、ギタークラフトに興味を持った?

鮎川:ピアノ調律科というのがあるんですけど……ギターはやってて本当に楽しいんですよ、やりたいと思えるというか。ピアノは物心ついたころからやってて、やらなきゃいけないって感じだったんです。ギターの方が何倍も楽しいです。

大倉:ギター好きじゃないと務まらない?

鮎川:そうですね。ギター好きじゃないと。

石崎:けっこう狭い門ていうか、ギタークラフトをやりたいって人は、そんなにいないと思うんですよ。そういった意味でも、この科に来る人っていうのは、ほぼギター好きですね。

大倉:ギター弾けるのってカッコいいから、やりたいなと思うんですけれど……。

石崎:憧れますよね。それで始めた人も中にはいると思います。

大倉:ギターを好きになったきっかけは何だったんですか?

鮎川:一番最初にバンドとかギターとか知ったのは『NANA』っていうマンガ、あれを小学校の時に読んで、バンドという存在があるんだと知って、中学に入ってからピアノをやってるのがつまらなくなってきたなと思って、中学3年生くらいからバンドやってみたいなと思って、高校に入って始めました。

石崎:自分の場合はけっこう単純で、ふたつ上の兄がいるんですけど、やっぱり上の兄弟がいると、兄がやってることに興味を持つんですよ。で、中学3年生の時にこっそりアコースティック・ギターを買って弾いてたんですけど、なんか違う、これじゃないってなって思ってエレキ・ギターを買って、高校生になって軽音部に入って本格的に始めました。ちなみに軽音部は最初部員が10人くらいで少なかったんですけれど、3年生になった時には80人になってました。アニメの『けいおん!』で、軽音楽部ブームに火がついたというか。

鮎川:そうだね。私たちの高校時代は『けいおん!』が本当に流行ってたし、バンドやる子が一気に増えた。

大倉:俺もそんなに世代変わらないはずなのに……。

石崎:大倉さんの地元(京都)では『けいおん!』流行ってなかったですか?

大倉:地元はですね……流行ってなかったですね。でも、おかんとかが昔からギターとかやってたっていうのはあるんですけれど、自分の地元は変わり者が多くて、ジャンベってわかります? アフリカの太鼓やってたり……。ギターはですね、東京来てからは、自分の周りではやってる人が多くて、読モでも趣味でギターをやってて、イベントでそれをやったりする子もいますね。

3年制だと、3年生の時に専門的なコース(クラフトコース、リペアコース、アンプ・エフェクターコース、プレイヤーコース)に分かれて学ぶことができるので、将来ギター業界で活躍できる幅を広げることができます。

石崎:そう言えば、teenaでは読モ・バンドも取り上げてますよね。Silent Sirenや774's GONBEEとか。

大倉:サイサイや鈴木勤くんとは仲いいですよ。

鮎川:去年ですけど、サイサイのすぅさんは、teenaとギタークラフト科のコラボ企画でギター作ったんですよ。もう卒業しちゃいましたけど女子の先輩と長谷川先生、そしてすぅさんの3人で、半年くらいかけて作ってましたね。

大倉:すぅもここにいたんですか? 考えられない! ところで、ギタークラフト科は何年制なんですか?

鮎川:私たちは3年制なんですけど、2年制というのもあります。3年制だと、3年生の時に専門的なコース(クラフトコース、リペアコース、アンプ・エフェクターコース、プレイヤーコース)に分かれて学ぶことができるので、将来ギター業界で活躍できる幅を広げることができるといったところですね。

ギタークラフト科3年制
クラフトコース2年生 鮎川いづみさん

大倉:ギターはどれくらい時間をかけて製作するんですか?

鮎川:1本作るのに半年くらいですね。1年間に2本は作らないといけないんですよ。人によっては、2本作り終わった後にもう1本作る人もいますね。

石崎:ほとんどの人が3本作りますね。

大倉:のびのびできる環境なんですか?

鮎川:学ぶ環境自体はとてもいいですけど、やっぱり作業のペースが人によって違うので、次のギターにいかないとヤバいんじゃないの?って人は、最後のほうは焦ってたりしてますね(笑)。

大倉:先ほど授業を見学させてもらいましたけど、みんなスピードが全然違ってましたね。

石崎:そうですね。今、2本目作っている人もいれば、1本目の人もいますね。

鮎川:私は3本目を作り始めました!

石崎:ああ、そんなに早いんだ……。自分は2本目を製作中です。

大倉:1本目のギターは弾いてるんですか?

ギタークラフト科3年制
クラフトコース2年生 石崎俊介さん

石崎:このベースがそうなんですけど……作った楽器で学校のライブに出るというのが、ギタークラフト科の楽しみのひとつでもありますね。

大倉:自分で作ったギターでライブ?

石崎:はい。そういうのって、けっこう嬉しいっていうか。

鮎川:ギタークラフト科主催のライブがあって……出演者もギタークラフト科の学生、(ギタークラフト科の)先生のバンドも出たりもするんですけど、基本的にみんなが作ったギター、ベースでやるという。

大倉:自分で作ったギターを自分で弾くって、どんな気分ですか? 自分が作った手料理を自分で食べるみたいな感じですか? だとすると、それって寂しいじゃないですか。誰かのために作った手料理ならわかるんですけど……。

鮎川:自分が欲しいと思うものを設計して、弾きやすいように製作するので……。

大倉:すごい、すごい!

やっぱり女子にしかわからない(女子特有の)クセとかあるんですけど、せっかくギタークラフトを学んでいるので、いっぱいいる女子ユーザーの気持ちを詰め込んだギターを今も、そしてこれからも作っていきたいですね。

鮎川:これが、ついこの間、出来上がったギターなんですけど。

大倉:カワイイ!

鮎川:これは、自分は背が小さくて手も小さいので、女の子向けってことで作りました。

大倉:すごいですね。なんかわからないですけれど、売ってるやつみたい。楽器店に行ったことはないんですけど、売ってるやつより良くみえます。失礼なこといったらごめんなさい。

鮎川:いえいえ、ありがとうございます。そう言われると嬉しいです。ちなみにこのギターは、市販モデルにはない感じっていうのをイメージして作りました。

石崎:売ってるものだと機械を使ってやる部分とかも、自分の手でやるというか、例えば、フレットの端の部分を手作業で削って丸みを持たすようにしてみたりとか、細かいこともやってます。

大倉:へー、すごい。

鮎川:(ギターに)自分の名前を入れられたりとか。

大倉:編入しようかな(笑)。

鮎川:センスあると思うんで、大丈夫ですよ(笑)。

大倉:いやいやいや。めっちゃA型のマメな性格なんですよ。

鮎川:それなら、きれいなの作れますよ。

大倉:進まないと思います(笑)。

鮎川:それは厳しいかも(笑)。……ギタークラフト科って女の子が少なくて……。午前クラスと午後クラスがあるんですけど、50人ぐらいいて、そのうち女子が5人なんですよ。製作系の学科としては、これでも多いほうなんですけど。男子はみんな、作りたいものを作りますけど、女子である私の場合、やっぱり女子にしかわからない(女子特有の)クセとかあるんですけど、せっかくギタークラフトを学んでいるので、いっぱいいる女子ユーザーの気持ちを詰め込んだギターを今も、そしてこれからも作っていきたいですね。

大倉:なるほど。授業で作ってるギターで、女子っぽいのなかったですね。

鮎川:みんな、カッコいいのとか作ってましたね。

大倉:女の子で蛇のギターを作ってた子がいた(笑)。

鮎川:カッコいいのを作る女の子が多いんですよね。でも、そんな中、私は女子力アピールを(笑)。

大倉:さっきライブ・イベントとかの話が出ましたけど、他にもイベントがあるんですか?

鮎川:ギタークラフトコンテストというのがあります。作り上げたギターやベースを出品して……優勝狙う感じ(笑)?

石崎:他の学科の生徒とか一般の人とかが投票してくれるんですよ。1位になると、ギターとかベース用の木材をもらえたりするんですよ。あとは、『楽器フェア』っていう楽器業界の一大イベントがあるんですけど、そこに(ESPミュージカルアカデミーも)出展していて、優秀作品はそこに展示されます。これも名誉なことですね。

鮎川:ギタークラフトコンテストで優勝するのは、すごい夢でもあるよね。

石崎:1、2、3年生がいる中で、下の学年の生徒が優勝すると……。

鮎川:1年生の2本目に作ったギターは、3年生を差し置いて優勝して……。

大倉:先生について聞かせてください。

鮎川:先生はみんな、個性的でユニークで。頼りになる先生ばっかりですね。

石崎:けっこう面白い先生が多いです、フランクというか。

鮎川:距離が近くて、気軽に相談に乗ってくれたりとかします。

石崎:普段ふざけてても、ギターのこととなるとすごい技術っていうか、知識もすごいです。当たり前か(笑)。

大倉:最後に、将来の夢について教えてください。

石崎:第一希望は、卒業後にギター工場に行って修行を積んでから、ギター工房に行けたらなと思ってます。そのためには、とにかく技術を高めなければいけないんで、頑張るしかないですね。

大倉:誰に自分の作ったギターを弾いてもらいたいですか?

石崎:横山健さんのギターを作ってみたいですね。

鮎川:どこで働きたいというのはまだないんですけど、私の場合はバンドが好きだし、自分が演奏してライブすることがすごい好きなので、ギタークラフトに携わりながらバンドもやっていきたいなって思いますね。

大倉:ギターが作りたいって、みんなが思えることじゃないじゃないですか。自分のやりたいことができて、しかも将来の夢が決まってるっていうのがすごい素敵やなって思いました。

石崎:好きなことを仕事にできたら一番なんですけどね。

鮎川:まあ甘い業界ではないので、今のうちにやれることはやっておかないといけないなと思いますね。

大倉:負けんといてください。今日はありがとうございました。

SEARCH