JOBS & STUDY

Top > JOBS & STUDY > SCANDAL×Bye Bye Boy連載 BASS TSUCHOOL オリジナルベースがついにライヴでお披露目!

SCANDAL TOMOMIオリジナルベースがついにライヴでお披露目!終演後にその弾き心地を楽屋で即、インタビュー!!

この世に1本しかないベースを作っちゃおう、というコンセプトのもと、2011年4月から9回にわたってteenaで、連載してきた「BASS TSUCHOOL」。デザイン、ボディーの切り出し、ネック作りなどの過程を経て最終回では、SCANDALのTOMOMIオリジナルのスペーシーでカッコいいベースが完成! あとは実際にステージで弾く日を待つのみだったのだが、7月16日にSHIBUYA-AXで行なわれたSCANDALの所属事務所kitty主催のイベント“バンドやろうよ!! Vol.3”で、ついにTOMOMIがメインベースからオリジナルベースに持ち替えて「DOLL」を演奏!!
演出上の関係で、ネックに仕込まれたLEDライトやヘッドから飛び出すレーザー光線は使えなかったものの、その弾き心地は想像以上だったと話してくれた。ベース作りをサポートしてきたESPミュージカルアカデミー ギタークラフト研究科卒業生の2人(鈴木、藤掛)も、記念すべきベースデビューの場に立ち会いたいと駆けつけ、終演後、さっそく楽屋で盛り上がったのだった。

ふだん使っているベースより硬い音が鳴る これからもバンバン使おうと思った

――SCANDALとステレオポニーのセッションバンド、スキャンダルポニーで「DOLL」を演奏したときに、ついにオリジナルベースが登場しましたが、初めてステージで弾いてみてどうでしたか?

TOMOMI:いちばん最後のセッション曲で弾いたんですけれど、盛り上げるところなので照明がビカビカだったんですね。リハーサルでネックのLEDライトを付けて、ヘッドのレーザーも試してみたんですけど、ステージが明るすぎて見えなかったので、ベースの仕掛けは次に使うときにあらためてお披露目しようと思いました。どうせやるなら、よく見たらジミに光ってるっていうんじゃなくて、派手に光らせないと(笑)。なので、とりあえず、今日はベース本体を弾こうと思って。

――本体を本番で弾いた感想は?

TOMOMI:自分が持っているベースにはない音ですね。どっちかっていうと硬い音が鳴るんです。ふだんジャズベ(ジャズベース)で音を硬くしたいときはエフェクターをいじって出すんですけど、このベースはキャラが立ってるなと思ったから、今後も使い分けていきたいなって。

鈴木:とにかく今日はうれしかったし、今、感想も聞けてホントに満足してます(笑)。このベースって見た目もかなり特徴があるんですけど、それだけじゃなく音の部分をちゃんと作ろうって相談を重ねて作っていったので、伝わっていて大満足ですね。

TOMOMI:実はネックの指板にLEDを付けたり、ヘッドにレーザー付けたらノイズがのっちゃうんじゃないかと思ってたんですよ。だから、見た目でガッツリ見せようと思ってたんですけど、全然、そんなことなかったので、これからバンバン使おうと思いました。

鈴木:良かったです! 楽器の音ってやっぱり大事じゃないですか? そこは妥協したくなかったので、そう言っていただけると嬉しいです。

このベースそのものが特効みたいだから、スラップするときに光らせようかな。

藤掛:僕はボディのデザインだったり、最終的なまとめの作業をやらせていただいたんですけど、実際、弾かれて、特に不具合はなかったですか?

TOMOMI:自分が弾いているベースと全然違うので、まだ慣れてはいないですけど、手になじむ感じはありましたよ。

藤掛:良かった! いろんなアーティストの方がいろんなベースを持っていると思うんですけど、「BASS TSUCHOL」ではTOMOMIさんに弾いていただくベースをゼロから一緒に作らせていただいて……この先、そんな貴重な経験はできないかもしれないし、いろんな方の想いがこの1本に詰めこまれているんだなって。

鈴木:それとライヴを見させていただいて感じたのは、ギタークラフト科って、プレーヤーのために楽器を作るのが醍醐味だと思うんですけど、盛り上がっているお客さんの様子を見て、アーティストの方に使っていただいたその先の部分……楽器を渡す方の向こうには何千人、何万人っていう方たちがいるんだなぁって。そのことを今回の企画を通してTOMOMIさんに教えてもらった気がします。

TOMOMI:わぁ! うれしいですね!

――今後、どういうシチュエーションのときに弾きたいベースですか?

TOMOMI:そうですね。今日はガッツリ、イベントって感じだったのでテンション高い曲が多かったんですけど、SCANDALのアルバムにはダークサイドな面を出した曲もあるので、そういう曲で弾けたらいいかな。あと、スラップする曲に合うと思います。

――「Hi-Hi-Hi」とか?

TOMOMI:ベースソロがあるので、いいかもしれないですね。スラップするときにネックを光らせてレーザーも光らせるみたいな。このベースそのものが特効みたいな感じなので(笑)、これからも活躍させます!

SEARCH