JOBS & STUDY

Top > JOBS & STUDY > SCANDAL×Bye Bye Boy連載 BASS TSUCHOOL 最終回

SCANDAL TOMOMI × Bye Bye Boy soyoka BASS TSUCHOOL 最終回 塗装に挑戦!<星描き〜塗装完了まで>

“進化系ガールズ・バンド” として快進撃を続けるSCANDALからTOMOMI、
そして事務所の後輩であり、サックスを含むガールズ・インスト・バンドBye Bye Boyからsoyoka。
2人が強力タッグを組んで、“同じステージでベース共演”を最終目標にオリジナル・ベースを作るこの連載。
いよいよ最終回となる今回、ついに2人だけのオリジナル・ベースが完成に…!
塗装が完成したボディーに、ネックを始め、さまざまなパーツを組み込んでいきます。
そうしてついにお目見えとなったベースに2人の反応は…?!

取材・文◎布施雄一郎/teena 撮影◎ほりたよしか

  • page1 パーツを組み込む
  • page2 ついにベースが完成!
  • page3 必見! ベース動画講座 最終回

4 2人だけのオリジナル・ベースがついに完成!

TOMOMI

TOMOMI

レーザー搭載

▲先端にはレーザー光線を搭載。スモークなどを焚くことで、光線を可視化できる。

他にはないヘッド形状

▲スペースシャトルにも似た流線型デザイン。3対1のペグ配列、各表面にはバンド名、裏には担当クラフトマンの名前入り。写真左はTOMOMI用、右はsoyoka用。

星座型のインレイ&ネック

▲“宇宙”デザインの1つ、星座型に配置されたLED内蔵インレイ。側面には赤/青それぞれの色の石が埋め込まれている。

コントロール部

▲オリオン座風のレイアウト。中央列にあるツマミ2つはインレイのLEDとレーザーのON/OFF。

月ピックガード

▲本ベースの顔である月ピックガード。厚みのあるアクリル板とリアルな月がクールな印象。

soyoka

TOMOMI

5 オリジナル・ベースを前に連載を振り返る

何だか、憧れの人と初めて会ったような気分(TOMOMI)

組み上がったばかりのオリジナル・ベースを手に、早速アンプにつなげてサウンドをチェックする2人。もちろん、これから微調整が必要となるが、しっかりとした低音をブンブンと鳴らしています。

TOMOMI:おっ、イイ感じ!

soyoka:あはは、超ラウド系って感じじゃない(笑)!?

soyokaが試奏している最中に、soyokaベースのトーン・コントロールやアンプのゲインをいじって、勝手に音作りをして遊ぶTOMOMI。2人とも、嬉しさを隠しきれないようです。

こうして、ついに完成したTOMOMIとsoyokaのオリジナル・ベース。それでは最後に、部屋の電気を消して、ネックの星型LEDポジション・マークと、オリジナル・デザインの原点とも言えるヘッド部分に取り付けたレーザーを光らせてみようじゃありませんか!

スタッフ一同:おおっ!!!

TOMOMI:キャー!!! すごい!!! カッコいい〜!!!

soyoka:レーザーもバッチリ!!!

TOMOMIsoyoka:むふふふふふふふ…。

嬉しさのあまり、笑いが止まらない2人と、そのあまりのカッコよさでどよめくスタッフ&取材班。本当にすばらしい、この世に1本しかないベースが完成したのです。

これから弾きこんで、本当に意味で「自分のベース」にしていきたいです!(soyoka)

TOMOMI:約半年前にホワイト・ボードにデザインのイメージを描いてから今日まで、すごく早かったし、実際に完成したベースとこうやって対面して、今すごく緊張してます。何だか、憧れの人と初めて会ったような気分(笑)。ずっと完成を楽しみにしていたので、「やっと会えたな」っていう感じです。最初はもっとカワイイ感じになるかなって想像してたんですが、すごくスペーシーでクール! 想像以上でした! 今回の製作で、一番印象に残った作業ですか? やっぱり、ボディーを加工する時に使った大きな電動ノコギリ! あれは本当に怖かったですね(笑)。でも、そういう大きな作業から配線の細かいハンダ付けまで、すべてをきちんとやって初めて音が出るんだなって思うと、完成できてすごく嬉しいです。ひとつでも作業が失敗していたら音が鳴らないわけですし、ボディーとネックの取り付けも、1mmでも中心線がズレれば音が変わってくるわけですから。本当にライブで使う日が楽しみですね。

soyoka:私たちが「こうしたい」って思い描いていたものより、ずっとカッコよく仕上がったし、ヘッドまで宇宙になってたり、サイド・ポジション・マークも宝石みたいでカワイイし、すごく感動しました。レーザーは、ぜひライブのスモークの中で試したいですね。私はギタークラフト科在籍時にギターやベースを何本も作りましたけど、今回のオリジナル・ベース製作では、当時とは考え方もいろいろと違った部分も多くて、楽しかったです。学生時代の作品よりも、数倍丁寧に仕上がってると思います(笑)。あと、私はレフティーだから、サポーターの鈴木くんと藤掛くんも大変だったと思うんですよ。私自身も学生時代にそうでしたけど、右と左では何もかも違うし、作りながら確かめられませんから。本当にありがとうございます。そういう中で完成したベースですから、これから弾きこんで、自分でもいろいろと調整して、本当に意味で「自分のベース」にしていきたいです!

TOMOMI&soyokaのコメントで、「これまでの疲れも吹き飛んだ」というサポーターの鈴木くん&藤掛くん。本当におつかれさまでした!

ワイワイガヤガヤと描いたイラストが、実際に形になる。これこそ、楽器作りの面白さであり、醍醐味ですよね。こうして誕生したTOMOMI&soyokaオリジナル・ベースは、春以降に実際にライブでお披露目される予定。TOMOMIとsoyokaのシンメトリーなツイン・ベースも必見! もちろん、その様子はteenaで必ずレポートさせてもらいますよ!

「BASS TSUCHOOL」全9回、ご愛読・応援ありがとうございました!オリジナル・ベースのライブ・デビューの様子もteenaでレポート予定。乞うご期待!
  • page1 パーツを組み込む
  • page2 ついにベースが完成!
  • page3 必見! ベース動画講座 最終回

SEARCH