E! & CULTURE

Top > E! & CULTURE > ReoNa Interview

ReoNa

Interview vol.1

話題のTVアニメ『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』(TOKYO MX 、他)のアニメ作中でその存在が語られる劇中アーティスト・神崎エルザ。そして、その歌唱担当に大抜擢された新人アーティストとして、ネット上をざわつかせているのが、ReoNa(レオナ)。
どこか陰のあるルックスと、儚くも美しい声質は、一度聴いたら(観たら)忘れられないほどの存在感を放っている。
teenaでは、そんな彼女のインタビューを2回に分けてお届けします。

あまり未来のことを考えないで生きていた

●ある時期、絶望の状況の中、アニメやゲームに現実逃避していたということですが、その当時好きだったアニメを教えてください。

ReoNa:けっこう雑食で、いろいろ観ていて……中学生の時、『化物語』は原作の小説を読み始めてからアニメを観たんです。当時、ライトノベルからアニメ化というのが多くて、もともと活字が好きだったので、それこそ『僕は友達が少ない』とかすごく人気があったじゃないですか。その辺りも原作から読んでてとか。

●ゲームはどうですか?

ReoNa:『キングダム ハーツ』とかやってました。あと、『モンスターハンター』もやってました。あと、小学生の時に初めて乙女ゲームをプレイして、それが『薄桜鬼〜新選組奇譚〜』というゲームで、アニメ化もされたので観てました。

●特に好きだったキャラクターとかは?

ReoNa:原作から読んでた『東京喰種トーキョーグール』っていう漫画の主人公・カネキくんにめちゃめちゃハマったりしていて。いろいろグッズとかを初めて集めたキャラクターで、本気で恋してましたね(笑)。けっこう今までの作品で推しのキャラクターとか、歴代でいっぱいいるんですけど、だいたいみんな人間じゃなくて、銀髪、みたいな(笑)。私の中でセオリーがあったんです。

●そんな中で、アニソン・シンガーを志したいきさつは?

ReoNa:音楽も好きだったし、アニメとかゲームも好きだったし、で、そういうオタク的な趣味もあったので、それと何か音楽と一緒になった仕事ができればいいなっていう風な、ざっくりとした考えでずっとやっていたので。

●ただ音楽をやりたいという気持ちは、ずっとあった?

ReoNa:音楽はずっとやりたかったです。

●例えばアニメに関連する表現方法としては、声優というのもあったと思うのですが、そこはやはりシンガーに?

ReoNa:音楽でした。なんだろうな、もちろん声優さんというお仕事にも憧れはありました。けど、やっぱり音楽がやりたかったです。

●「こういう表現者になりたい」みたいな想いは、その当時何かありましたか?

ReoNa:自分の中では何も固まってなくて、自分の未来がどうなれるかっていうのも……。まっすぐ幸せな環境の中で生きてきたわけじゃなかったので。自分の未来に対して明るい想像があまりできていなくって。ただ、そんな中でも、まず趣味から音楽を始めようと思っていた感じなので。そうですね、あまり未来のことを考えないで生きていました。

●そんな中でも、努力したこととかあると思うんですが。

ReoNa:少しでも多くの方に聴いてもらいたかったので、スマホの音楽投稿系のサイトやアプリで自分の音楽を録ってアップしてみたりとか、知り合いにお願いして自分の音楽を動画にして上げてもらってみたりだとか、みたいなことはやってました。あと、本当にちっちゃいハコでライブとかやってみたりとか。

©2017 時雨沢恵一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/GGO Project

●SNSやブログ、それぞれの使い分けで意識していることはありますか?

ReoNa:一番たくさん人がいるなー、と思っていたのがTwitterなので。大事なことは全部Twitterに流し忘れがないようにしようと思ってて。あと、私のインスタグラムはけっこう海外の人が見てくれたりしているので、そういう部分も含めてわかりやすい写真をアップしてます。

●ここのところ、Twitterでの「声日記(こえにっき)」の投稿がメインですね。

ReoNa:「声日記(こえにっき)」……私、日記をつける習慣が全然なかったんですけど、「声日記(こえにっき)」は、先に声を録って文字を起こしているんです。台本みたいにしないようにしてて、うまく言葉にできたやつを選んで文字に起こして。Twitterってその音声だけじゃなくて、いろんな人が見てるじゃないですか。っていうのもあって目でも読めるし、耳でも聴けるし、みたいな。で、声と文字だけで始めて。あとから聞いたんですけど、「何も動かない状態で自分を映している動画とかじゃない、ラジオみたいに声だけで聴いてるだけというのが1対1に感じやすい」。ってそういう声ももらったりして、自分も納得して。そこからあらためて、毎日ちゃんと更新しようと思ってやってます。

●先にテキストとして起こすわけじゃないんですね。

ReoNa:じゃないです。言葉を発してそれを文字にして、って感じでやってます。たまに文字のほうを間違えてたりするんですけど(笑)。

●そのためだけに考える時間を持っていたりとかするんですか? それとも、思いついた時に録るんですか?

ReoNa:思いついた時が外だと録れなかったりするので、1日終わってお風呂に入って、ああ、今日何考えたかな、何やったかなって反芻してお風呂上りとかに録ってます。

●写真や映像をあえて使わないで、っていう部分の難しさってあるんですか?

ReoNa:最初のほうは、これだけでは聴いてもらえないんじゃないかなっていう気持ちがすごく強くて、画像とかアイコンとか作ったほうがいいのかなって思っていたんですけど、続けていくことの強みってあるなと思って。最初の頃は全然聴いてくれなかった人が、後になって「気になった時に聴き直してます」みたいなことも言ってもらったり。ちょっとでも興味を持ってもらえたら、シンプルなもののほうが、毎日続けていくんだったら自分も続けやすくていいなと思って。今はあれが一番かなって思ってます。画像と音声だけとの使い分けというのは大事だなと思います。

何かの主題歌っていうのが私にとっていろんな音楽の入り口

●カバー曲をチョイスする際の、自分の中での基準というのは?

ReoNa:幼馴染の影響で洋楽がすごく好きでずっと聴いていて、初めて自分でアーティストをYouTubeで調べて聴こうと思ったのがテイラー・スウィフトさんとか、他にもディズニー系の洋楽歌っている方とか。その中でも聴き続けていくうちに好んで聴くのはカントリーやカントリー調の曲だったりとかして。今、一番好きなアーティストはエド・シーランさんで、カバーさせていただいたりとか。

●ガンズ・アンド・ローゼスの「Sweet Child O’ Mine」をカバーしてますよね。

ReoNa:ガンズはご年配の方々にも聴いてもらえるかな、と。 ガンズさんとかボブ・ディランさんとかはそんな感じです。

●邦楽のアーティストはあまり聴かないんですか?

ReoNa:邦楽に関しては、それこそアニメの主題歌になってたからとか、ゲームの主題歌になってたから聴き始めたというのが多かったので。日本だとどんなアーティストさんが好きですか?って言われると、たくさんいます、という答えです。

●では、(邦楽アーティストからの)影響はほとんどないっていう感じなんですかね。

ReoNa:そんな事はなくて、YUIさんとかアニメがきっかけで好きになって、『BLEACH』(のオープニング・テーマ「Rolling star」)だったりとか『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』(のオープニング・テーマ「again」)だったりとか。私、初めて自分のおこづかいで買ったのが、小学低学年の時に映画『ドラえもん のび太と緑の巨人伝』の主題歌だった絢香さんのCD(「手をつなごう」)なんです。何かの主題歌っていうのが私にとっていろんな音楽の入り口で。アニメきっかけが多いですね。

●『SACRA MUSIC AUDITION 2017 SPRING』でファイナリストになった時はどう思いましたか?

ReoNa:私、オーディションというものを経験したことがなくて、どういうものかという想像もついていなくて。オーディションと聞くと恐い場所というイメージがずっとあって、すごい怯えながら、でもなんか自分の実力がどこまでいくのかというのも目に見えてわかる場所ですし、人生で一番緊張しながら過ごした時間だったんじゃないかなと思います。

●何聞かれて何したか、覚えてますか?

ReoNa:もう本当、頭真っ白でした。当時はひたすら毎日スタジオ行って歌って、ボイトレ行って帰ってきて夜中まで歌って、みたいな繰り返しをずっとしてて、けっこうプレッシャーも感じてましたし、とりあえず今は頭が働かないから動こうみたいな感じで。何してたかって言われると、家とスタジオとボイトレの往復を繰り返してました。

(神崎エルザは)すごく自分と似ているところも感じています。いろんな人に共感してもらえるキャラクターだと思いますし、私自身も自分を重ねやすいキャラクターでした。

●今回の『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』神崎エルザ歌唱役の抜擢について話を聞いた時はどう思いましたか?

ReoNa:実は最初は、両手をあげて手放しで「やったー!」って感じじゃなかったんです。本当に私でいいのかなとも思ってましたし。でもそれが嫌だというのじゃなくって、やってみたいって気持ちがめちゃくちゃ大きくて。もともと『ソードアート・オンライン』の原作なんかも読んだりしていたので、何も想像ができなくって。決まりましたよ、やりますか?って言われた時に、実感が本当になくって、やっと最近こんな風に私ですよって公表することができて、いろんな方から聞いたよとかいろいろ感想いただいて、やっと私、神崎エルザの曲を歌わせていただいているんだっていう自覚が湧いてきたところで。だから夢みたいな感じでした。いつどこから、ドッキリ大成功の看板が出てくるかと(笑)。本当にずっとそれでネタにされてたぐらいで。ドッキリなんじゃないかと思うぐらい、途方もなく大きい作品だなという感じでした。

●『ソードアート・オンライン』自体は好きなアニメだったんですか?

ReoNa:もちろんです。

●神崎エルザ以外で好きなキャラクターはいますか?

ReoNa:主人公のレンちゃんもすごく可愛くって、すごく好きなキャラクターです。

●神崎エルザというキャラクターをどう思いますか?

ReoNa:すごく自分と似ているところも感じています。いろんな人に共感してもらえるキャラクターだと思いますし、私自身も自分を重ねやすいキャラクターでした。

©2017 時雨沢恵一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/GGO Project

●今まではそういう匿名性のところで発散することってあったかもしれないけど、今のように多くの人に注目される存在になっちゃった場合に、そこのバランスのとり方ってどうなんですか?

ReoNa:もともと、発散の部分で(SNSを)やってたわけじゃなかったんですよ、音楽に関しても。発散したいならカラオケに行けばいいと思ってましたし。やっぱりライブとか、Twitterにしてもいろんな人が観ているものっていう意識があったので、そこのスタンスは今までもこれからも変わらずで大丈夫なんじゃないかなと思ってます。

●劇中歌が配信された時はどう感じましたか?

ReoNa:「まさか!」って思ってたのがずいぶんあって。今回3曲目でリリースさせていただいた「Independence」も今朝(*このインタビューは5月13日に行なわれました)見てみたら(iTunes)総合で2位に入ってたりとか、今までアニメ観ていて劇中歌でやってらっしゃるアーティストさんを見て聴いたりとかしてたんですけど、いざ自分が歌わせていただく立場に立ってみると、もともとのキャラクターもありますし、キャラクターの声優さんもいますしという中で、私がどれだけ受け入れてもらえるかっていうのは、実際に出てみないとわからなくて。正直心配な気持ちで、公表までドキドキしてたんですけど、想像以上に、想像してなかったぐらいに聴いてくださっていて。すごい拍子抜けしたところもありつつ、ビックリしてます。

●キービジュアルに使っているアコースティック・ギターについて聞かせてください。

ReoNa:私の人生で初めてのマイ・ギターです。エド・シーランさんが好きで、彼の持っているギターってスケールも小さいじゃないですか。あれを見て、もともと可愛いなと思っていて、初めていろいろ置いてあるギター屋さんに行って、「あるじゃん、ちっちゃいの!」って思って。しかも、普通のギターのイメージってちょっとベージュっぽい色、ってイメージがあったんですけど、こういう暗い色で木目が表に出ているギターってそんないっぱいないんじゃないかなと思って。ギターにも自分らしさって欲しいじゃないですか、ずっと使っていくものだし。しかも、ライブにも使えるよって言ってもらって。このサイズで!この色で!もうこれしかないんじゃない、って思って、このギターにしました。

●今はどういった練習をしているんですか?

ReoNa:けっこうアップアップしながら。初めてのギターなもので(笑)。できる限り毎日触りたいなと思ってやっています。弦はElixir(エリクサー)張ってます。初めてこの間、自分で弦替えました。楽器屋さん行って、どれがいいかわかんないから名前知ってるElixirにしよう、って。難しかったですね。でも、最初にやり方教えてもらっていたので。いずれは自分でできるようにならなければと思っていたので。けっこう時間かけながら替えました。

●お薦めの練習方法とかありますか?

ReoNa:え!なんだろう。ひたすら弾く?私はとりあえずテンポ通りに右手を動かすところから始めました。

ReoNa(レオナ)プロフィール

1998年10月20日生、19歳。
2017年に開催された「SACRA MUSICオーディション」のファイナリスト。審査員全員から高い評価を得る。
世界中で大人気のTVアニメシリーズ「ソードアート・オンライン」のスピンオフアニメ、2018年4月クールの「ソードアート・オンラインオルタナティブガンゲイル・オンライン」にて、劇中歌アーティスト「神崎エルザ」の歌唱を担当。
Twitterのフォロワーは51,000を超える。2018年8月29日にSACRA MUSICよりデビュー、シングルのリリースが決定。

SEARCH