E! & CULTURE

Anlyの“only one”Guitar! with 専門学校ESPエンタテインメント東京

Anlyの“only one”Guitar! with 専門学校ESPエンタテインメント東京

vol.5

シンガーソングライターAnlyと専門学校ESPエンタテインメント東京がコラボし、Anlyオリジナルのエレキ・ギターを製作する、月刊『Go!Go!GUITAR』との連動企画。作業もいよいよ終盤へ。今回は、最後の木工加工、塗装、そしてネックの組み込み作業の模様をレポート!

作業もいよいよ佳境に! Vol.4の中間報告会を経て、今回は最後の木工加工、塗装、そしてネックの組み込み作業へ。難しい工程が多く、いつにも増して真剣に作業するギタークラフト科の渡邊健太郎くん。Anlyのギターのボディはスポーク状に細く加工されているので、アウトプットジャック用の穴を空けるのは至難の業。少しでも位置がずれると、取り返しがつかないことに……。

無事に木工加工を終え、塗装へ。ボディは外周側と内側(中央部)で色を塗り分けるため、塗らない部分にはマスキングテープを貼る。ボディ外周側の溝や、内側のグラデーションなど、塗装もかなり手間がかかるのだ。なお、塗料は健ちゃんが調合しており、Vol.4の中間報告会でのAnlyの意見を踏まえ、太陽のような明るいカラーに仕上げている。完成はもう間近。次回はついに最終回!

木工加工〜生地調整

ルーターやトリマーでの加工が一通り終了し、木工加工はあと一息。トリマーで階段状に加工しておいたボディ中央部の表面を、鉋を使って緩やかなアーチ状に削り出す。

続いて、ジャック用の穴を加工。太いドリルでボディサイドに穴を空け(少しでも位置がずれると大変!)、長いドリルで電気系パーツが収まるスペースまで貫通させる。加工が終わると、生地調整へ。塗装に向けて木材の表面を紙ヤスリで丁寧に磨き上げる。

塗装に向けての生地調整では、貫通している溝部分の研磨にとにかく時間がかかりました。磨きすぎてしまうと中心の正円の形状が崩れてしまうため、バランスを見ながら気を遣って研磨しました。(渡邊)

塗装の下準備

塗装を乗せたくない部分にマスキングテープを貼り、持ち手を取り付ける。まずは木材が塗料を吸い込まないよう“目止め”塗料を付け、さらに“サンジングシーラー”という塗料を繰り返し吹き付け、紙やすりで磨ぎ、表面の凸凹を滑らかに均す。なお、塗装はスプレーガンを使って行っており、貫通している溝の内側も、一つずつ丁寧に吹き付けている。これらの下準備によって、キレイに仕上がるのだ。

いよいよ塗装へ!

  • 細かい凹凸も無くなり、表面が滑らかになったらいよいよ色付け!
    ネックはバンジョーを意識したカラーリング。ヴィンテージ感を表現できるよう意識している。ヘッドトップには金と白のロゴのデカール(装飾用シート)を貼りつけ、保護のため塗料を重ねる。ボディは外周側と中央部で色を塗り分ける。はじめはボディ外周側(サイド&バック)から。こちらも塗らない部分にマスキングテープを貼り、溝の内側まで丁寧に色付け。完了後は、セルバインディングに貼ったマスキングを剥がし、スクレイパーという刃物でキレイなラインが出るよう整える。

ボディ中央部の塗装

続いて、中央部の着色へ。中央部のマスキングを剥がし、今度は外周側をマスキング。Anlyのギターは特殊なカラーリングのため、塗料は健ちゃんが自ら調合。松本先生と相談しながら色を決めていく。シースルー(=木目が透けて見える)の黄色を吹き付け、さらにオレンジ系の色で外側にグラデーションをかける。色味を確認しながら、何度も重ね塗り。

トップコート〜水研ぎ〜バフ掛け

色付け後は、保護のための透明なトップコートを繰り返し吹き付ける。そして、耐水の紙ヤスリに石鹸水を付けながら磨き、トップコート表面の歪みを取る。水を付けると、削りカスがヤスリに付着しづらくなるのだ。その後、バッファー(車輪上の布が高速で回転する機械)に研磨剤を付けて、塗装面を押し当てて磨き上げていく。バフ掛けが終わるとピカピカに! これで塗装も完了だ。

今回、一番大変な工程でした。狭い溝の中にも塗装を吹き付けなければならないのですが、それが本当に難しい! 塗装というよりも“射撃”のようでした。溝の中も当然磨く必要がありますが、やはり……大変でした(笑)。(渡邊)

ネックの組み込み

ついに終盤の組み込み作業へ。まず、フレットの高さのバラつきを擦り合わせて揃える。フレット以外の部分は、傷防止のためマスキング。ナット加工は、牛骨のブランク材から形状を削り出し、ナット溝ヤスリという専用工具で弦が通る溝を掘る。そして、ヘッドにペグを取り付け。ドリルで下穴を空け、ネジで取り付ける。

フレット、ナットの仕上げ作業は、見た目のインパクトはないと思いますが、弾きやすさに直結する、楽器として超重要な作業です。Anlyさんにお渡しするギターということで、自分の作品では考えられないくらい丁寧に行いました。(渡邊)

次回は、ついに最終回!
完成披露会で、Anlyにギターを手渡します。

Information

Single

5th Single

「北斗七星」

【発売日】2017年8月9日

初回生産限定盤(CD+DVD)
SRCL-9451〜9452/¥1,389+tax

通常盤(CD Only)
SRCL-9453/¥1,111+tax

Live

「Anly Live Tour 2017 ☆北斗七星☆」

10月10日(火)
仙台・LIVE HOUSE enn 2nd
10月11日(水)
HEAVEN'S ROCK宇都宮 VJ-2
10月14日(土)
福岡・Queblick
10月15日(日)
広島・BACK BEAT
10月19日(木)
名古屋・CLUB QUATTRO
10月20日(金)
梅田・CLUB QUATTRO
10月24日(火)
渋谷・CLUB QUATTRO

追加公演
Anly Live Tour ☆北斗七星☆ Special Unplugged Live

10月29日(日)
沖縄・桜坂セントラル

チケット料金:All Standing¥4,000(税込) ドリンク代別、整理番号付
※未就学児童は入場不可、小学生以上はチケットが必要となります。

【お問合せ】ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-9999 (平日12:00〜18:00)

Album

1st Album

『anly one』

【発売日】2017年4月26日
¥2,700+税SRCL-9381

収録内容

1. 太陽に笑え
2. FIRE
3. 笑顔
4. この闇を照らす光のむこうに
5. サナギ
6. 傘
7. カラノココロ
8. Enjoy
9. だから
10. レモンティー
11. いいの
12. Don't give it up!
13. EMERGENCY
14. Come back

SEARCH