CONTESTS

Top > CONTESTS > SCANDALコピーバンド/ヴォーカリスト・コンテスト Vol.6 二次審査レポート(大阪&名古屋会場)

SCANDALコピーバンド・ヴォーカリスト・コンテスト Vol.6 二次審査レポート

応募総数637組!過去最大の応募数の中から11/3のファイナルへの切符を掴み取ったのは誰だ!!
“二次審査”の模様をレポート! ファイナリスト発表!!

今年で最終回を迎える事となった、SCANDALコピーバンド/ヴォーカリストコンテスト二次審査が、9/27(日)大阪から二次審査がスタート。

応募総数637組の中から、一次審査の音源・書類審査を勝ち残ったバンド38組が二次審査に進出。大阪二次では、15組のバンドが会場となる、ESPエンタテインメントに集結。

二次審査からは、本番を想定したステージでの演奏審査となる。
ここからがバンドとしての真の実力を試される時、ついに決戦の時が訪れた!

このコンテストの常連バンドや、昨年のファイナリストのバンド、そして今回初めてエントリーしたバンドそれぞれ、最終回をステラボールのステージで飾りたいという思いが、舞台の袖にもその熱意と想いが伝わってくる。まさに一期一会。

それぞれの想いをこめたバンドたちの演奏に、審査員の出場者へ向ける眼差しも熱い。

そして、2会場目の名古屋二次審査が10/10(土)に
今年も、ESPグループの音楽学校MI JAPAN名古屋校にて開催。

5組という狭き門の、二次審査の出場権を獲得したバンドの中には、北海道や大阪からの東海エリア以外の参加バンドや、メンバー全員が中学生というバンドなど、個性的なバンドたちが集結。ここでもかなりの難易度が予想される。

最終回にして、最大の応募数を記録した、まさにガールズバンドの甲子園とも呼べる当コンテスト。
主役は全て出揃い、あとはファイナリスト目指して、各々の最高のパフォーマンスを魅せるのみ!!

果たして今回のパフォーマンス、審査員の目には一体どう映るのか?
結果が気になる所ですが、二次審査は最多の18組が出場する東京二次へと進みます。
果たしてファイナリストに選ばれるのは、どのバンドか!?

SEARCH